「おじいちゃんの家に将棋盤があったので、小さいころから好きだったんです。今回、本格的なレッスンを受けて、将棋連盟よりアマチュア初段をいただきました! これからも続けていきたいです」

 連載10年目を迎える羽海野チカ原作の『3月のライオン』が、前編・後編の2部作となってこの春に公開される。17歳のプロ棋士・桐山零を演じた主演の神木隆之介は、原作者、監督、製作サイド全員の強い希望だったと聞き、そのことを本人へ伝えると「そうなんですか? うれしいです!」と、表情を緩ませた。

神木隆之介 撮影/廣瀬靖士

 対局する棋士たちには佐々木蔵之介、伊藤英明、加瀬亮などそうそうたるメンバーが。

「やはりほかのキャストの方々の名前を聞いたときはプレッシャーを感じました。ただ、以前共演させていただいた方も多くて、緊張しながらも楽しかったです。助けていただきながら撮影も進んで、“桐山零”として存在して生きることができたと思います」

 零を演じるにあたり、特別な役作りは何かした?

「特別なこと……特に前編では、“乾いた瞳”を意識しました。質感で言えばマットというか、何を考えているんだろう? と思っていただけるような感じにしたいねって監督と話したんです」

 髪の毛も自分で切ったとか?

「そうなんです。自分で切りました。もちろんメイクさんに指示していただきながらですが、零だったら美容室に行かないのではないかということで」

 髪の毛を触りながら「特別なことだと思っていなかった(笑)」と少し照れながら話す姿が、神木自身に根づく役者としての生き方を感じさせた。そんな神木にも、意外な素顔が。