高橋一生のヌードが話題になった『an・an』の表紙

 3月1日に発売の女性誌『an・an』(マガジンハウス)に掲載された、俳優・高橋一生の14ページにわたるセクシーなグラビア。この号は普段の約2倍の発行部数を記録し、完売店が続出した。

「放送中のTBS系ドラマ『カルテット』や、NHK大河『おんな城主 直虎』に出演中の高橋さんが脱ぐとあれば、話題性バツグン。一糸纏わぬ姿で抱き合ったり、濃厚なキスをしたりと内容も過激。つい買ってしまった人も多いのでは」(芸能レポーター)

 今クール放送されたテレビ朝日系ドラマ『奪い愛、冬』でも、大谷亮平が惜しみなく裸体を晒している。

「第1話の放送で大谷さんのシャワーシーンを放送したところ、反響が大きかったそう。そのため、当初はなかったシャワーシーンを毎話入れ込むように台本が変更されたそうです」(前出・芸能レポーター)

 くしくも同じ名前の鈴木亮平も、自身の写真集『鼓動』(キネマ旬報)でのヌード写真が話題を呼んだ。

W亮平は今、オトコの裸のツートップですね。2人とも引き締まったステキな身体だし、筋肉がキレイです

 と語るのはコラムニストのペリー荻野さん。最近は、大河ドラマでも露出があるそう。

「話題になったのは『八重の桜』での西島秀俊さん。上半身裸だったんですが、脱いだらすごかったですね! 『平清盛』では中井貴一さんが、『真田丸』では山本耕史さんがステキな裸体を披露してくれました」(前出・ペリーさん)

 恥ずかしいから声を大にしては言えないけれど、実はすごくドキドキしてしまう男性のヌード。一躍、話題になった高橋の『an・an』でのセクシーショットについて、ペリーさんはこう分析する。