古川雄輝 撮影/高梨俊浩

「朝ドラは、顔は認識してもらえても名前まで覚えるかどうかは微妙なところだと思うんです。でもほかのドラマのように“○○が出てるから見よう”じゃなくて、作品自体を評価してもらえるから、そこがいいところだなって」

 先日、撮影がクランクアップしたばかりの朝ドラ『べっぴんさん』で、“健ちゃん”こと村田健太郎を演じた古川雄輝(29)。放送は4月1日の最終回まで続くが、撮影当初は15歳からを演じ、“奇跡の29歳”と言われるほど。

「芝居をやるときはお互いのことを役として見ますし、そこまで違和感なく過ごしていました。健ちゃんを演じるうえでは“お坊ちゃん”ということを意識しましたが、撮影期間中は監督やスタッフさんたちと飲みに行ったり麻雀をしたり(笑)。

 麻雀はもともと趣味なんですけど、これができると年配のスタッフさんとすぐ仲よくなれるんですよ。なので、どの現場に行っても麻雀ができるスタッフさんを探し出してコミュニケーションをとるようにしてます」

 父親の仕事の都合で7歳からカナダに移住した古川は15歳当時のことを、「英語は得意ですけど、あえて日本人のいるアメリカの高校へ通いたいと思っていた時期。漢字の教育を受けていないから今でも苦手」だと教えてくれた。高校生からは単身でニューヨークに移り住み、11年間の海外生活を送っている過去を持つ。