疑惑の男子大学生と、未沙さんの遺体が発見された男子大学生の祖父が以前住んでいた家

 吹奏楽部の練習が終わり、乗車予定のバスの出発時間は午後6時20分だった。それを逃すと、1時間以上待たなければならなくなる。

 同校の出入り口からバス停までの歩道は薄暗く、人通りが少ない。バス停の近くにはバス会社の支所と寿司店があるのみ。住宅街からは遊歩道の樹木が目隠しになり、バス停を見通すことはできない。生徒からは不安の声があがっていたという。

 3月10日、石川県立能登高校1年の池下未沙さんは、いつものバスに乗り遅れてしまい、母親に連絡をした。午後6時30分ごろだった。

「バス停に迎えに来てほしい」

 それが母親と未沙さんの最後の会話になった……。

 午後6時50分ごろ、母親はバス停に到着したが、娘の姿がない。人影のないバス停には、携帯電話、体操着、鞄などが散乱していた。

 いつまでたっても見つからない、帰宅しない未沙さんを心配し、家族は午後8時20分ごろに110番通報した。

 その1時間半後の午後9時50分ごろ、能登町の空き家で未沙さんは遺体で発見された。1階居間に大量の出血跡があり、未沙さんはそこにあお向けに倒れていた。

 口や手は粘着テープで縛られた状態でメッタ刺しにされた。肩の1か所以外、切り口はすべて首に集中していたという。死因は頸動脈損傷による失血死。抵抗する際にできる防御創は確認できなかった。

 抵抗のあとのないことが、16歳の少女が突然直面した、想像を絶する恐怖を物語る。