3月16日、森本学園が運営する塚本幼稚園で卒園式が行われた

 寒気が緩んだ16日朝、大阪市の淀川右岸にある塚本幼稚園で卒園式があった。園児の教育勅語暗唱や「安倍首相がんばれ。安保法制、国会通過よかったです」などと声をそろえる光景が繰り返し報じられ、保護者たちはマスコミを避けるように帰宅した。

 2年前にPTA会費の使途に異議を唱えて退園させられた保護者は「猫の通園バスが可愛くて入れましたが、教育勅語とか変なこと教えるなあとも思いました。でも、転園したら制服やら鞄やらにもお金がかかる。あと1年くらいガマンしようという親も多いんです」と明かす。

 すべての保護者が籠池氏の信奉者というわけではない。

 一方、『瑞穂の國記念小學院』にわが子を入学させようとしていた保護者たちは2週間前の3月3日、大阪府庁で涙ながらに4月開校を訴えていた。しかし、籠池氏は10日に幼稚園で会見を開き、認可申請の取り下げと理事長職を長女に引き継ぐ意向を示した。

 短期間で別の私立小か、公立小へ入学手続きをしなくてはならない。

 その少し前に行われた系列保育園の修了式で、籠池氏は耳を疑うような話をした。

恨み節たっぷりの籠池氏の爆弾投下

「財務省に“10日間でいいから身を隠してくれ”と言われた。何も悪いことしてへんのに」

 園児の前で悪人イメージを払拭(ふっしょく)したかったのか。実のところは財務省へのブラフ(脅し)だったのではなかろうか。

 卒園式の午後、参院予算委の調査メンバーが小学校予定地の敷地内に入ると、池氏は「誠に恐縮ですが、安倍内閣総理大臣の寄付金が入っております」と発言。小学校前に詰めかけたマスコミは騒然となった。無理もない。安倍首相は国会で「私や妻が(国有地払い下げに)かかわっていたのなら総理大臣も議員もやめる」と断言しているのだ。