子どもの入学や夫の転勤など、春は新生活が始まるシーズン。大人の「初めまして」をしくじると、取り返しのつかないことに! イヤでも付き合わなくちゃいけないご近所さんとの正しい関わり方とは──。

 

「初対面での印象は、今後のご近所付き合いを左右します。上手にコミュニケーションしていきたいものです」

 と話すのは、「伝え方」の技術を教えるコピーライター・佐々木圭一さん。“第一印象をよくするためには、伝え方がカギ”だという。

ポイントは “自分の思ったことをそのまま口に出す” のではなく、“相手の頭の中を考えたうえで伝えること”。この1点を守るだけで “この人、いい人だな” と思ってもらえる可能性がグンと上がります」(佐々木さん、以下同)

 伝え方はセンスではなく、技術。

「料理はレシピがあれば誰でも作れます。伝え方にも同じようにレシピがあり、誰でも身につけることができます」

 技術を知って、あとは実践あるのみ。1度身についてしまえば、あらゆるシーンで活用できるはず!

初対面で効果的な伝え方ポイントは2つ!

「あなたのお願いを実現させる答えは、自分の中にない。相手の中にあるものです」というわけで、佐々木さんが提案する伝え方の技術の中から第一印象がバツグンによくなる2つを伝授。

【1】相手の好きなこと

「相手は何が好きなのか」を見つけることで、今後のお付き合いにもプラスに働く。なにかお願いをする場面でも、相手の好きなこと(メリット)から考えることで、好感度がグッと上がる。

【2】認められたい欲

 人に期待されると、そのとおりの成果を出したくなるもの。“頼りにしている”というスタンスを相手に伝えることが大切。「すごい!」「さすが!」などが認められたい欲を刺激する言葉。

 それでは実践です。