「すぐトイレに行きたくなる」、「くしゃみをしたらもれてしまった」、「出しきった気がしない」……。これらの尿の悩みを解決して快尿生活を取り戻す簡単ワザを大公開!

ぼうこうは加齢などで硬くなる

 頻尿や尿もれ、残尿感など、尿の不快症状に悩んだことのある人は、多いのではないでしょうか。最先端の科学とユニークな実験で、日常の疑問を徹底的に調査するNHKの人気番組『ガッテン!』では、尿のさまざまな不快症状の意外な原因と、超簡単な改善ワザをご紹介しました。

 尿をためて体外に出す器官「ぼうこう」は、健康な状態では、300~500mlの尿をためられ、風船のようにやわらかく、伸び縮みすることができます。

 ところが加齢による衰えや冷え、生活習慣病などで、ぼうこうの血流が悪くなると、酸素が血液によって運ばれなくなり酸素不足に。すると、ぼうこうの弾力性が失われ、硬くなってしまいます。

 実はこれが尿の不快症状を引き起こす原因のひとつ。硬いぼうこうは伸びにくく、縮みにくいため、尿をたくさんためられなかったり、勢いよく出せなかったりします。そのため、頻尿や残尿感につながるのです。

 また、排尿を抑える力が弱まって、くしゃみなどのちょっとした拍子に尿もれしてしまうことも。

 でも、ご安心を! ぼうこうのやわらかさは、取り戻せるのです。

ぼうこうが硬いかどうかは、排尿にかかる時間を計ることでチェックできます。左のグラフは性別、年代別の平均排尿時間。平均値より男性の場合は10秒以上、女性の場合は5秒以上長い、もしくは短いと、ぼうこうが硬くなり始めている可能性があります。

1回たった5秒でぼうこうの血流改善

 硬くなってしまったぼうこうのやわらかさを取り戻すには、次に紹介する「お尻体操(骨盤底筋体操)」がおすすめです。お尻の穴を締めたり、ゆるめたりする簡単な体操です。

■ ぼうこうのやわらかさを取り戻す!【お尻体操】

(1)お尻の穴を5秒間締める
(2)ゆっくりゆるめる

 お尻の穴を締めたり、ゆるめたりする体操です。「座りながら」「寝ながらお尻を上げて」「つま先立ちで」──どんな姿勢で行ってもOKですが、お尻の穴を締めやすいイラストのポーズで行うと効果的。1日合計20回少しずつでも続けると効果あり!

イラスト/ゼリービーンズ

 この体操によって、骨盤の底にある骨盤底筋という筋肉を動かすことができ、ぼうこうの血流が改善。すると、酸素不足に陥っていたぼうこうに弾力性が戻り、症状の改善が期待できます。症状が軽い場合は、下腹部をカイロで温めるだけで改善する場合も。

お尻の穴を締めたりゆるめたりすると、骨盤の底にある「骨盤底筋」という筋肉を動かすことができる。すると、ぼうこうまで血液が流れ、ぼうこうの血流が改善。イラスト/ゼリービーンズ

 1回たった5秒の超お手軽な体操なので、ぜひお試しください。