舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第7回は、染谷俊之さんが久保田秀敏さんを指名! 『週刊女性』本誌(2017年4月18日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

写真左から久保田秀敏、染谷俊之 撮影/森田晃博

染は、お酒が入ると割とすぐSになるタイプ(笑)

――今年1月に舞台『私のホストちゃん REBORN』でW主演した染谷さんと久保田さん。口説きタイムのプレッシャーは相当ありました?

染谷俊之(以下、染谷) 今回は、まずフレッシュホスト役20名への投票で人気1位を決めるんです。そこで最後の曲やって「ウォー!」って盛り上がってそこで終わればいいのに、ラスボスで秀くんと僕が出ていくんです。その公演でナンバーワンになったホストと僕たちの3人で、最後に改めて口説き対決する感じだったんですね。それがやっぱり、プレッシャーでしたよね。

久保田秀敏(以下、久保田) もう毎日、AKBの総選挙があるようなもので、毎日お客様にその場で投票してもらって、ランク付けをしてもらうわけだから。だからお芝居がどうこうというよりも、口説きをどうしようっていう思考のほうに頭がまわって。考えすぎてほんと頭がハゲそうでしたね。

染谷 日替わりでテーマがあるから、そこはすごく重要で失敗できないっていうか。

久保田 実際にお客様を口説いて、誰が一番いい口説きをしたかっていうのを、リアルな投票で1位を決めるので、どうしても勝ちたいっていうのがあるから。

染谷 それを毎公演っていうのはけっこう、キツかったですよね。

――『ホストちゃん』の打ち上げは盛り上がったんじゃないですか?

染谷 ウェ~イってお祭り騒ぎでしたよね。

久保田 そうだね。染は、お酒入ったらSになるんですよ~(笑)。

染谷 いやいやいや(笑)、秀くんにはならないですよ。

久保田 もう扉が3枚も4枚も開いた状態でパーンとなって。

染谷 けっこう俺、酒癖が悪くて(笑)。でも秀くんもよくないですよ(笑)。

久保田 アハハハハ!

――どんなSエピソードが?

久保田 染は、笑いながら「てめ~ふざけんなよ~」って(笑)。

染谷 絶対そんなこと言ってない(笑)。お酒飲むとテンション上がっちゃいますけどね。

久保田 そうなると、“ああ~まわってきた~”って(笑)。

染谷 「オーイ!」みたいな。ふざけて、ちょっかい出したくなるんですよ(笑)。秀くんもオラオラになりますよ。

久保田 そうかな~。でも飲むと楽しくなってバーッとしゃべり出しますね。

染谷 結構、二人ともパッパラパ―になっちゃいますね(笑)。楽しい酔っぱらい方ですよね。

久保田 二人とも暴れるタイプではないですね(笑)。