『白い巨塔』『不毛地帯』『沈まぬ太陽』の山崎豊子原作『女の勲章』(フジテレビ系 4月15日・16日、夜9時~)を、松嶋菜々子主演で映像化。戦後、自立するために服飾の世界で生き抜くことを決意したヒロインと、彼女を取り巻く男女の愛憎劇を描く。

 プロデューサーが語る、“女性の活躍”が謳われる現代の原点ともいう作品の見どころとは──。

山崎豊子原作の『女の勲章』(c)フジテレビ

松嶋菜々子の演技は修羅場さえ切なく、美しい

 舞台は、女たちの欲望が渦巻くファッション業界。戦後まもなく、戦争で家も家族も失った大阪・船場のお嬢さん育ちのヒロインが、ミシンひとつで身を興す。そして起業家、デザイナーとして、世界へ羽ばたいていく──。

 数々の大作で知られる山崎豊子の同名小説が原作。太田大プロデューサーは、数ある山崎作品の中でも稀(まれ)な、女性が主人公の本作を、ぜひドラマ化したいと考えたという。

「女性の社会進出はずっと叫ばれてきましたが、昨年の小池百合子東京都知事の誕生のように、女性が都政のトップにまで上りつめる時代。山崎先生の『女の勲章』には、現在、社会で活躍する女性たちの原点のようなものが描かれていると感じたんです」

 ヒロイン・大庭式子を演じる松嶋菜々子は山崎作品初出演で、「たいへん光栄であり、身が引き締まる思いがしております」と原作を読み込んで撮影に臨んだ。

 そんな松嶋を太田Pは、

「力強く時代を生き切った式子を、彼女同様、気品があると同時に潔くどこか儚(はかな)げさも持ち合わせている松嶋さんに演じていただきたいと思いました。凛として、そこにいるだけで空気がきれいになるように感じさせる松嶋さん。本作ではドロドロの愛憎劇も描いていますが、松嶋さんが演じると品があり、修羅場さえ切なく、美しく見えます

 式子の弟子で、恋敵ともなる3人の女をミムラ、相武紗季、木南晴夏が、式子の前に立ちはだかる大物デザイナーを浅野ゆう子がそれぞれ演じる。また、“影の主人公”ともいえ、ビジネス・パートナーの式子をはじめ、女たちを次々と魅了し、翻弄していく八代銀四郎役で、玉木宏が出演する。