芸能人の筆跡診断「波瀾万丈が文字に表れる」

「みなさんも、小さくて細かな文字で書かれていると、これを書いた人は気が弱そうだなあと思ったり、ダイナミックに書かれた文字を見ると、おおらかな人なんだろうなあと想像したことはあるでしょう。それって結構、的を射ているんですよ」と筆跡診断士の芳田マサヒロ先生。

※筆跡鑑定の画像は「すべての写真を見る」で確認できます

 無意識に綴(つづ)られた筆跡には、包み隠さぬ人間性がにじみ出てくるもの。その人の本音と素顔がごまかすことなく表れるのだそう。

 浮き沈みの激しい芸能界。熱愛、結婚、不倫に暴力など、彼らの波瀾万丈の生き方も、文字から読み解くことができるのだ。早速、話題のタレントたちの筆跡を見てみよう。

清水富美加「不安定な精神状態だとアンバランスな文字に」

清水富美加。文字の上と下のバランスが悪く、ハネがない

 まずは清水富美加。宗教団体『幸福の科学』の活動に専念するため、出家。芸能界引退を決めたが、直筆の文書には、彼女の性格がありありと出ていた!

「文字の起筆(最初にペンを入れるところ)はスッと入っているので、素直な性格かと思います。が、“出家”の字の“家”のウかんむりが異様に大きいところに自分を大きく見せたい虚栄心が垣間見え、上下のバランスの悪さに精神的な不安定さが見てとれます。

 また、“仕事”の“事”などの字のハネが弱いのは、打たれ弱さ、反発力に欠ける面があることを物語っていますね」(芳田先生)