ママ芸人として活躍中の(左から)くわばたりえ、大島美幸、虻川美穂子

「“お前の母ちゃん尻出してたぞ”って子どもがいじめられたらどうしようって……」

「いやいや、子どもは“母ちゃんカッコいい”って誇りに思うんじゃないかな!」

 これは3月12日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、森三中・大島美幸とクワバタオハラ・くわばたりえの会話。北陽・虻川美穂子と3人で、子育ての楽しみや悩みを語り合った。

「子育て中の女芸人という共通点があって、3人はプライベートでも仲がいいんです。頻繁にお互いの家に集まって女子会を開いているんですよ」(テレビ局関係者)

 お笑いで成功した3人は、ママタレとしても大人気。

「大島さんは放送作家の鈴木おさむさんと'09年に結婚し、“交際0日婚”が話題に。'15年に長男を出産した際には、自撮りヘルメットで撮影した映像を『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で放送したことが物議を醸しました。でも、彼女の勇気を称賛する声も多かったんです」(スポーツ紙記者)

タブーに共感

 くわばたは、'09年に会社員の男性と結婚し、'10年に長男を出産して今では3児の母に。虻川は、'10年にイタリアンシェフの桝谷周一郎氏と結婚して'15年に第1子となる長男を出産した。3人の子育てに関心が集まるのには理由があると話すのは、お笑い評論家のラリー遠田氏。

「くわばたさんの子育てブログが大人気になったのは、ほかのママタレのような“嫌われたくない”という気持ちが見えないからでしょう。タブーとされていたことを隠さずに言ってくれますから、共感する人が多い。母親になった女優やアイドルのようにセレブ感を見せる必要もないので、気取った見せ方もしていません。世間の多くの母親には身近に感じられるでしょうね」

 彼女のブログが注目を集めたのは、'12年に子どもを叩いてしまったことを告白したことが大きかった。

「雑誌で取り上げられ、バッシングされましたが、子育て中のママさんたちは自分の経験と重ねて心に響くところがあったようです。彼女は寝かしつけるのに疲れて子どもを叩いてしまったそうですが、後で激しく後悔しています。幼児虐待の事件が多発する中、自分にも無縁ではないと感じる人が多かったのでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 相方の小原が子育てに専念していることもあって、くわばたはお笑いよりも子育て関連の仕事のほうが今は増えている。講演会を依頼されることも多く、小池百合子都知事の主催する東京の未来を考えるコンベンションにも呼ばれたという。