写真左から木村佳乃、羽田美智子 撮影/佐藤靖彦

羽田「日本の原風景みたいな場所でロケができてうれしかったし、すごくノスタルジーもありますよね」

木村「撮影されたカットがキレイですしね」

 “朝ドラ”『ひよっこ』で、ヒロイン・みね子(有村架純)と幼なじみの時子(佐久間由衣)を、奥茨城村で温かく見守りながら育ててきた母親、谷田部美代子と助川君子を演じている木村佳乃(41)と羽田美智子(48)。役と同様、素の時でも仲のいいふたりの“母親対談”の始まりです!

 ふたりは村で一、二を争う“美女”という設定だけど?

木村「そう、お互いに自分が一番キレイだと思っているんです(笑)」

羽田村一番の美人は私、二番があなたってね。まあ、それをネタにしているんですけど

木村そして言い争っているふたりを見て、茂さん(古谷一行)が辟易(へきえき)すると(笑)

羽田「でも、そんなことを言い合えるくらい、一番の仲よしなんですよね」

 母親たち同様、みね子と時子もかけがえのない親友同士。

羽田「娘たちがすごく親友だと物語るシーンがいっぱいあるんですけど、私たちも昔、同じようにやってきたんだろうな、って」

木村「私もそうだと思って脚本(ホン)を読んでいます。いるのが当たり前というか、そういった部分が土台になって谷田部家と助川家の関係にもなっているんじゃないかなと」

 こんな息の合ったふたりが、『ひよっこ』の魅力を語り尽くします!

ふたりがそろうとにぎやかに!

 高度成長に沸き、新しいものが急速に広まっていく東京とは、流れる時間のスピードも違う、のどかな奥茨城村。谷田部家と助川家の暮らしぶりは?

羽田助川家は、酪農もやっていて、経済的に少し余裕のある農家です。牛がいるので、私の演じる君子の口癖が“もぉ〜”なんです(笑)

木村「何、それ(笑)。そんな理由でしたっけ?」

羽田「本当なの。監督なんて、君子の“もぉ〜”ってセリフのあとに、牛の鳴き声を入れようか、なんて言ってるし」

木村「あははは(笑)。谷田部家は米作りが中心です。でも、不作だった年に農協に借金をして、少し家計が苦しいんです……。その返済のため夫の実さん(沢村一樹)が、東京へ出稼ぎに出ています

羽田「でも、いつも明るく振る舞ってますよね」

木村羽田さんも同じだと思うけど、役柄に自分の“素”の部分が入っていません? ふたりが来ると、セットがにぎやかになる、ってスタッフさんたちに言われているんですよ(笑)」

羽田「あ、それ私も言われた(笑)。スタジオに入ったときに“太陽が来た”って。それで帰るときに“夕日が沈む”なんてね。本心は、うるさいということなのかもしれないけれど(笑)」