'14年9月、有名幼稚園の入園説明会に来た庄司智春と藤本美貴

「芸能人の子どもの“お受験”がこんなに騒がれるようになったのは、ここ数年のことですが、その“お受験”事情も最近は少し変わってきました」(スポーツ紙記者)

 芸能人といえば子どもを有名私立校に通わせるというのが定番だが、それはなぜなのか。その理由について、

「まず、セキュリティーがしっかりしています。たいていの私立校には監視カメラがついていますし、警備員が常駐しているのは当たり前です。運動会などの行事も、招待状や身分証明書がなければ校内に入れませんからね」(教育ジャーナリスト)

 不審者の侵入や誘拐などの犯罪に対する備えでもあるが、芸能人にとっていちばん気になるのはやはりマスコミ。マスコミの目から子どもを守りたいと思うなら、私立に入れるのが得策といえる。

 また、私立の強みは“お受験”対策。

「一貫校の場合は、小学校さえ受かればその先、中学校、高校へ受験なしで進学できる場合が多く、また“お受験”対策に特化したところもあって、他校に進学しようとする場合も楽だといえますね」(前出・教育ジャーナリスト)

 “お受験”に詳しい『アンテナ・プレスクール』の石井至校長はこう語る。

私立にデメリットはほとんどありません。あえて言うなら、学費がかかることと通学に時間がかかる場合もあるということなどでしょうか

 お金に余裕のある芸能人なら学費や通学に何の問題もないだろう。そんなわけで芸能人の多くが子どもを私立の学校に通わせているのだが、最近になって、その傾向が少し変わってきているという。

「私立に比べプライバシーを確保することが難しいとわかっているはずなんですが、公立に入れる人が増えてきているんです。昔は芸能人も一般人と変わらず子どもを公立に通わせていたんですけどね」(前出・スポーツ紙記者)

 すでに子どもを公立の学校に入れている芸能人として、『さまぁ~ず』の三村マサカズや辻希美・杉浦太陽夫妻、『品川庄司』の庄司智春・藤本美貴夫妻。

 そして子だくさんで知られ、3男3女の子を持つ谷原章介などがいるが、先日、『週刊女性』は長男と一緒に入学式に出席した瑛太をキャッチした。長男がこれから通う小学校は都内の区立小学校。そこには谷原の子どもも通っているという。