'16年12月の全日本選手権で演技に臨む浅田。順位はふるわずも滑りは優雅で魅力的だった

 4月10日、10年以上にわたりフィギュアスケート界の先頭を走り続けた浅田真央が、現役引退をブログで発表した。

「荒川静香さんは、“いちばん影響力のあったスケーターだと思っています”とコメント。織田信成さんは、関大の監督就任会見で真央ちゃんのことを問われると“ハンカチください~”と大号泣でした」(スポーツ紙記者)

 かつてのライバルたちも、傑出したアスリートの引退を惜しんでいる。

「5歳でスケートを始め、すぐに天才少女と呼ばれるように。女子選手はほとんど跳ぶことができなかったトリプルアクセルに果敢にチャレンジする姿勢は、彼女が努力の人でもあったことを示しています」(同・スポーツ紙記者)

 バンクーバー五輪では2位だったが、ショートとフリーで合わせて3回のトリプルアクセルを成功させるという偉業を成し遂げた。

 4年後のソチを目指し、ジャンプの改良を図ったが、身体に染み込んだクセは簡単には変わらない。スランプに陥った彼女に、母・匡子さんとの早すぎる別れが重なった。

'11年末に肝硬変で逝去されました。海外にいた浅田さんは緊急帰国。お母さんと最後に会うことは叶いませんでした」(テレビ局関係者)

 悲しみを乗り越え、直後の全日本選手権では2季ぶりに優勝を果たす。好調に見えたが、身体は悲鳴をあげていた。

「腰と左ひざに痛みを抱えていたんです。練習を重ねると状態がひどくなるのに彼女は練習をやめませんでした。トリプルアクセルを封印せざるをえなかった時期もありました」(同・テレビ局関係者)

 それでもソチ五輪では金メダルを期待された。しかし、ショートプログラムではミスが相次ぎ、16位に沈む。

「前日の悪夢が嘘のように、フリーでは完璧な演技で自己ベストを更新。あきらめない心に、日本中が感動しました」(同・テレビ局関係者)

 ソチ五輪後は1年休養。'15年に選手に復帰したが、グランプリファイナルでは最下位。'16年は全日本選手権12位で世界選手権に駒を進められなかった。若手の台頭にもよるが、これにも浅田の功績が大きく貢献している。