峯田和伸

 まるでビートルズのようなマッシュルームカットに、一風変わったヒッピーファッション。怪しい雰囲気だけど、野菜を持ってきてくれたり、なんだか優しい変な男……お前はいったい誰なんだ? NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』に、有村架純演じる主人公・みね子の叔父役で出演している峯田和伸という男である。

「峯田さんは'77年生まれで現在、39歳。もともとはバンドマンで、'96年にバンド『GOING STEADY』のボーカル&ギターとしてデビューしました」(音楽雑誌ライター)

 '03年にバンドを解散し、現在は『銀杏BOYZ』として音楽活動を続けている。

《自分の感情や考えを、何のフィルターも通さずに歌にしている。彼らの内面がむき出しになった音楽を聴いていると、とても心が熱くなる》

《若い人に聴いて欲しいし、段々と社会の波に揉まれ変わって行く私達も青春時代の気持ちを忘れない為にも時々思い出した様に聴きたい》

 これらは、GOING STEADYが'01年に発売したアルバム『さくらの唄』のamazonにおけるレビュー。すべての曲の作詞作曲を彼が手がけている。

「当時、付き合っていた彼女のことを歌うなど、カッコつけずにまっすぐな気持ちを表現した歌詞に攻撃的な音楽性が若い世代に受け、特に2000年代前半の中高生に爆発的な人気となりました」(前出・音楽雑誌ライター)

 また、峯田自身の人間性やパフォーマンスも人気にひと役買っていた。

「峯田くんといえば、ライブでの“裸トラブル”が有名です。野外フェスで全裸になってしまい、ほかのメンバーが謝罪したり、書類送検されたことも。'07年に台湾で行われたライブでも半裸になってしまい、現地で罰金を払っています」(レコード会社関係者)

 酔っ払うと脱いでしまう人は少なくないが、峯田はそういった“脱ぎグセ”があるタイプとはちょっと違っていて、

「すごく盛り上がって、舞い上がって脱いでしまったこともあると思いますが、峯田さんが裸になってしまったときは、“ライブ会場の舞台監督が嫌いだから”だったり、そのための“抗議”的なことも多いんです。飲んで脱いでしまって迷惑をかけるタイプではないですよ。だからってライブ会場で脱いでいいわけではないですが(苦笑)」(前出・レコード会社関係者)