松重豊 撮影/佐藤靖彦

「もともと食べ歩きは大好きで、地方ロケとかに行くと“どの店にしよう?”って考えるのが楽しみだったんです。でも、最近はこの番組がひとり歩きしちゃって、ひとりで店に入っても“これ食べてくださいよ”って店員さんに話しかけていただくこともあり、孤独になれない(笑)。だからって変装してこそこそ食べるのも美味しくないじゃないですか。うれしい悲鳴ですが、リアル“孤独のグルメ”はできなくなりました(笑)」

 ドラマや映画、舞台にと、今や見ない日はない名バイプレーヤーの松重豊(54)。彼が演じる“井之頭五郎”が、仕事の営業先で食事処にふらりと立ち寄り、食べたいものを自由に食すグルメドキュメンタリードラマ『孤独のグルメ』が、スタート5年で第6弾に突入。松重にとっては連ドラ初主演シリーズながら、“あくまで主役は食材”と謙虚に答える。

「主役を引き立てるために自分がどう動くかって考えるのが楽しいし、助演するほうが性に合っているって思うんです。特にこの作品は、食材が美味しそうに見える、かつテレビの前のみなさんが“食べたい!”って思っていただかないと成立しないドラマ。なので、井之頭という役に関しても、バイプレーヤーとしての立ち位置だと思っています

 九州男児の松重にとって、食といえばやっぱりこの味。

「福岡出身なので、九州の味つけはDNAに刻み込まれていて、しょうゆと味噌はいまだに地元から取り寄せています。刺身とか九州のちょっと甘めのしょうゆで食べるのが好きなんですよ(笑)。あと、高校時代はお金がなかったので、よくラーメンを食べていました。1杯250円で50円で替え玉ができたので、500円札があればお腹いっぱいになれたんです。思い出の味ですし、いまだに口が九州人ですね」

 好きなもの、苦手なものは?

「ロールキャベツが好きなんです。劇中でも美味しい店に行きたいと言っているんですが、スタッフがなかなか見つけてくれないんですよ(笑)。嫌いなものはほとんどないんですが、唯一ダメなのはサンドイッチに入っているある食材。小学1年のとき、口に入れた瞬間に“うぇ~”って泣きながら吐き出したものがあるんです。何かって!? これは絶対に言えないし、『孤独のグルメ』のスタッフにも内緒にしていて。もしそれが出たら、ごめんなさいをしてこの番組は終わるかもしれません(笑)