山手線(JR東日本)

 国鉄の分割民営化から30年。もはや若い世代は国鉄を知らない。

 国鉄の正式名称は「日本国有鉄道」で、その名の通り国営の鉄道だった。世界に先駆けて新幹線を実現させて、日本を鉄道王国にした立役者である。

 国鉄は、国営ではあるが独立採算制だ。因果なことに、東海道新幹線が開業した1964年度から赤字に転落し、そのまま借金は膨れ上がり、最終的には長期債務が37.1兆円に至って経営破綻した。

 その国鉄を分割民営化して、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR北海道、JR四国、JR九州、JR貨物は誕生した。

 JR誕生から30年目の今、あらためて考えてみたい。JR各社の経営努力はどれくらい評価できるのか。

JRのなかでもっとも儲かっている会社はどこ?

大手企業とJR各社の営業収益・営業利益の差

 JRの中でもっとも営業利益が高いところ、つまり、もっとも儲かっているのはJR東海である。その額は5,787億円で、日立製作所、ホンダを上回り、ソニーの2倍にもなる。

 JR東海は利益率が高いのも特徴で、鉄道業では抜群の33%である。東海道新幹線が営業収益の68%を占めており、東海道新幹線の方が在来線よりも利益率が高いため、事実上、東海道新幹線で稼いでいるわけだ。

 一方、営業収益のトップはJR東日本の2兆8671億円である。ただし、これは驚くほどではない。トヨタ自動車はこの10倍にもなる。

 JR東海、JR東日本の両社が成功したのは、経営が良かったからか? 

 東海道新幹線が進歩したのは間違いない。国鉄時代に3時間近くかかっていた東京~新大阪は、現在では「のぞみ」の一部で2時間30分を切っており、輸送量も大幅に増加した。国鉄時代には0系から100系の登場まで20年以上もかかっており、国鉄の停滞ぶりはひどかった。

 たしかに、国鉄に比べれば雲泥の差だが、そもそも国鉄と比べるのはおかしい。

 政治に翻弄された国鉄は、民間企業のような自由な経営ができず、舵が効かない船のように迷走し、ついには破綻したのだ。国鉄からJR東海を誕生させたのは成功だが、そのこととJRになってからの経営は別々に評価すべきである。