左から杉咲花、福士蒼汰 撮影/廣瀬靖士

 話題の映画『無限の住人』で共演する福士蒼汰(23)と杉咲花(19)のツーショットインタビューが実現! 劇中では敵対する関係にあるが、実は同じ事務所の先輩後輩で、取材中は仲睦まじい関係性が伝わってきて――。

福士「杉咲さんはいつもニコニコしていて。あと、すぐ笑うんです。何言っても笑ってくれるから、すごくリラックスできます」

杉咲「福士くんは年齢的にお兄さん的存在です。すごく面白いんですよ」

(福士の顔をじっと見て笑いだす杉咲)

福士「ほら、また笑った(笑)。自分も杉咲さんは妹みたいだなって。姉が2人いるんですが、ずっと妹が欲しかったから、こうやって一緒に作品に出られてうれしいです。でもマジメな話、後輩でもある杉咲さんから学ぶことって本当に多いんです」

杉咲「(テレながら)いえいえ……」

福士「特にお芝居に関しては学ぶっていうこと以上に、すごいなって思います。普段はヘヘヘって笑ってるのに、芝居になった瞬間、変わる。スイッチが入るのがわかるんです。そういうところはある意味、すごく嫉妬します」

 先輩からの褒め言葉に恐縮しきりの杉咲だが、昨年公開された『湯を沸かすほどの熱い愛』での演技が高く評価され「第40回日本アカデミー賞」新人俳優賞など数多くの賞を受賞した。

杉咲「本当にありがたい気持ちでいっぱいでした。受賞させていただいて私の中で何か大きく変わったというよりは、“もっともっと作品と向き合っていきたい”という意識がより高まった気がします」

福士「自分は“思いを伝えられる”役者になりたい。どう演じていても、伝わらなかったら意味がないかなと思うんです。逆にどう演じていても伝わる役者さんはすばらしいと思います。最近はそれをすごく意識しています」

 杉咲は現場で福士の“先輩”としての立ち居振る舞いから学ぶことが多かったとか。

杉咲「福士くんが現場ですごくナチュラルに人と話しているのを見て、すごいなって。今回も、クランクインが早かった私よりもなじむのが早くて。誰に対しても優しくて、現場ではみなさんに愛されていました。秘訣は何ですか?」

福士「う~ん……ないよ(笑)。でも、三池(崇史監督)組が2回目だったから、そこが大きいと思います」

杉咲「でも、ほかの現場でもすぐ打ちとけています。私、人見知りの方がいると、どうしてもうつってしまうんです」