3位:小山慶一郎(1292票)*昨年29位

 続いて、3位にランクインしたのはNEWSから小山慶一郎。昨年から大幅に順位を上げてしまった彼だが、一体何が……! 

 アンケート結果で多く見られたのが「プロ意識が低い」「アイドルとしての自覚がない」という意見。どうやらこれはアイドル太田希望とのツーショット写真の流出ほか、ネット上で拡散した“黒い噂”が原因のようだ。

「あたまおかしい」(10代女性・学生)

「小山事変でさらに嫌いになりました」(20代女性・会社員)

「ファンを裏切る行為。あれだけSNS上で、流出したものがたくさんあるのに一切触れない。正直嫌いという線を通り越して、どーでもいいジャニーズですね。彼が何をしてても一切関心が沸かない。だけど、彼の起こしたゲス以上のクソ行為が面白くて仕方ない。見てて楽しい」(20代女性・介護福祉士)

「今回のひと悶着で裏切られた。周りの小山担が本当に可哀想だったし、その件について何もフォローがなかったから。好きだったのに」(20代女性・学生)

「彼女の匂わせで流出した自撮り写真がイタい」(20代女性・会社員)

「交際を匂わせておきながらファンに謝りもしない。挙げ句の果てには裏でファンの悪口、メンバーの悪口を言ってる彼はクズでしかない。早くグループから抜けてほしい」(10代女性・学生)

 などなど、ほかにも掲載できないような辛辣な意見が多数。この“小山事変”の影響もあってなのか、キャスター業のイメージも大幅に悪化しているようだ。

「キャスター然として、常識人ぶっているけど意地の悪さが滲み出ている」(40代女性・主婦)

「とにかく迂闊。せっかくニュース番組に出て、知的イメージが定着しつつあったのに、プライベートがあれではがっかり」(30代女性・主婦)

「キャスターの仕事をしている顔と、私生活での顔が正反対であること。賢い人かと思っていたけど、だらしない自分勝手な人にみえるから」(40代女性・主婦)

 まさに“負のギャップ”! 最後に、20代会社員の女性から意見で締めくくりたい。

スキャンダルに対しての誠意が全くない。彼女がいたことを怒っているのではない。せめて、アイドルとして、ファンへ何かしらの言葉を送るべき。アイドルは適当でキャスターへ力を入れる姿はもうジャニーズではない

 まずはプロ意識をもってアイドル業を全うする。その先に、日々のニュースを伝えるキャスター業があるのかもしれない。その意味では先輩・嵐の櫻井翔はしっかりしているようにも見える。

4位:伊野尾慧(572票)*昨年10位

シンガポールの高級ホテル、屋上のプールサイドで密会する伊野尾慧とセクシー女優

 こちらも大幅ランクアップしてしまったHey! Say! JUMPの伊野尾慧。言わずもがな『週刊文春』が報じた女性アナウンサーとの“ザッピング愛”こと二股交際疑惑が影響しているようだ。

「二股野郎。たいしてカッコよくないくせに」(20代女性・学生)

「アナウンサーとのスキャンダルはさすがにキツかった」(20代女性・会社員)

 このスキャンダルもあってか、これまで可愛く見えていた“チャラさ”“毒舌”を許せなくなる人が続出!

「人を見下している」(40代女性・職業未記入)、「ゆとりの典型」(30代女性・主婦)などなど。ほかにも以下のような厳しい意見が集まった。

「礼儀がなっていない。ネタ・ノリだとしてもいい気はしない」(10代女性・学生)

「先輩や目上の人に対しての態度や発言が許せない」(40代女性・会社員)

「ふにゃふにゃしててやる気がなさそうだから」(10代女性・学生)

「態度がイライラする。特に朝の情報番組で眠そうな目をしているのが気になる」(10代女性・学生)

「媚びているくせに横柄な態度が嫌いで、TVで見かけたらチャンネルを変えます」(40代女性・職業未記入)

 最終的に“ザッピング”される側になってしまうとは……。