黒木華 撮影/伊藤和幸

 大河ドラマ『真田丸』の好演も話題になった黒木華(27)。来年放送の『西郷(せご)どん』への出演も決定している彼女が、13日放送スタートの土曜時代ドラマ『みをつくし料理帖』で、NHK初主演! そのスタジオ収録に密着した。

「原作が愛されている作品なので、私で大丈夫かなと正直、不安もありました。この役を演じるにあたって、和食の先生のところで料理の基礎などを教えていただきました。かつおは5~6本さばきましたね」

 天涯孤独なヒロイン・澪が困難に立ち向かいながら、一流の料理人になるまでの姿を描いている今作。料理シーンは大変?

「江戸時代ということで、板場で座って作るというのが特に難しいです。普段は座って料理をしないので(笑)。あと撮影を意識しながら料理をするため、すごく必死になってしまい、笑うのを忘れたりします」 

 常連客の武士・小松原(森山未來)に、“下がり眉”と呼ばれるなど、今回のポイントは“眉”。

「下がり眉は澪のアイデンティティーだと思うので、鏡を見ながら練習もしていますが、メイクの力も大きいです。一見頼りなさそうだけど、運と芯が強い女性。まだ女性の料理人が珍しかった時代だけに、料理に対しては特に強い気持ちがあって、料理中は“阿修羅のように”と台本に書かれているほどです」 

 料理と演技。2つに共通する部分を聞くと、こんな答えが。

「“料理は料理人の器量次第”という台詞があるのですが、演技も自分の気持ち次第で、丁寧に向き合えばよいものになるというのは似ているのかなと思います。サボることもできるけど、それが料理の味だったり作品に出てしまう気がします」