話し出したら止まらない? 左から大杉漣、小日向文世、でんでん

 連続ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系木曜夜9時放送)で、主演の天海祐希は、熟年トリオとの共演を“おじパラ(おじさんパラダイス)”と称した。

 その“おじパラ”とは、小日向文世(63)、大杉漣(65)、でんでん(67)の3人のこと。3年ぶりの連ドラに再集結したシーズン2での現場から、下積み時代の爆笑秘話まで、3人の侃々諤々な誌上ぶっちゃけトークをお届け!

―シーズン2を迎えた感想は?

小日向 最近は(現場でいちばん)年上になることが多いけど、キントリは、(年上の)大杉さんと、でんでんさんがいらっしゃるので、非常に甘えられて、それが心地いい。おふたりとも元気ですし、おしゃべりが楽しいんです。

でんでん 同窓会みたいな感じで楽しいです。話もなんとなく合うんですよね。

大杉 どうでもいい話が楽しくて、でも何を話したのかほとんど覚えていない。

でんでん 今日のことはよく覚えていますが、人にはしゃべれないです。

―言えないことですか?

大杉 (週刊誌の)袋とじのことで喜んでいたんですよ。袋とじを開けようと思ったら、すでに誰かが開けていて、非常に悔しい思いをしたってね(笑)。

―シーズン1以降、プライベートでも親交があるそうですね?

小日向 天海さんの呼びかけで食事会をしています。みんな忙しいので、全員がそろうことはなかなかない、かな。

大杉 (別の)撮影の仕事が終わって遅れてでも参加するという感じです。