※写真はイメージです

 他人との差って何かと気になってしまうもの。自分が“平均以上”だと安心したり優越感で満たされたり……。今回は初体験の年齢から性交渉の回数まで、国民の“ベッド事情”の平均値を調べてみたら──。

 人にはなかなか聞けないベッド事情。まず、うれし恥ずかし初体験の年齢は?

 大手コンドームメーカー・相模ゴム工業の調査(※1)によると、平均は男女ともに20・3歳。女の性と生を描く作家・花房観音さんいわく、

「周りを見渡すと20代後半、30代の処女や童貞も多いので、“平均”がこの年齢なら、早い人たちはもっと早いのだと思います」

 注目すべきは、20代男性の実に40・6%が童貞だということ。

「SNSの普及でコミュニケーションのあり方が変化し、失敗を恐れる若者が増えているのも原因のひとつでしょう。20代女性の初体験の相手は9・6%がネット経由だという調査結果も、現代社会の象徴といえるのでは」(相模ゴム工業)

 セックスの回数の1か月の平均は2・1回交際相手とは4・1回結婚相手とは1・7回だが、既婚者の浮気相手とのセックスは2・4回

 そもそも、結婚・交際相手以外にもセックスする人がいる人の割合は21・3%と全体の5分の1。

相模ゴム工業「ニッポンのセックス」(2013年):20~60代男女・1万4100名(47都道府県各300名、性年代均等割付)を対象にしたWEBアンケート調査より抜粋

 花房さんは、

「浮気というのは性格だと思います。する人は痛い目にあっても何度もするし、しない人はしない。ただ、なぜいけないのかというと、バレて誰かを傷つけるから。夫婦間は本当にセックスレスが多い印象です。安心しているからこそなのかもしれませんが、お互い外に欲望を向けて不倫が多いので、なんだかいびつだな、と