大相撲をご観覧のため国技館へ。居合わせた人たちや報道陣に笑顔を向けられる余裕も(5月14日)

「愛子さまは、姉のように慕われてきた眞子さまが婚約されることになり、お喜びだそうです。そんな愛娘の様子に、雅子さまも目を細めていらっしゃると思います」

 皇太子ご一家の近況についてそう話すのは、ある東宮職関係者。

 '03年以来、病気療養が続く雅子さまも、秋篠宮家の喜びを感じながら着実に回復の道を歩まれている。

「雅子さまは、4月の『春の園遊会』と5月の『大相撲夏場所』に苦手とされる和服姿で出席されました。体調も上向いているのではないでしょうか」(宮内庁担当記者)

 和装は着付けに時間がかかり、洋服に比べ重量もあることから、療養が始まってからの14年近く、雅子さまがお召しになる機会は限られていた。

「園遊会に和服でお越しになったのは13年半ぶりです。 

 療養中、お召しになったのは、ほかに'09年と'16年の宮中祭祀のときだけになると思います」(前出・記者)

 それが今回のように短期間で2度も和装でお出かけになったのは、それだけ心身ともに安定してきたということ。

 そんな中、こんなニュースが飛び込んできた。宮内庁関係者が話す。

6月に予定されていた国交樹立150周年記念のデンマークへの親善訪問を皇太子さまおひとりで、雅子さまは見合わせることになりました。

 実現すれば、雅子さまにとっては2年ぶりの海外訪問となるところでした