日本でも大人気のロックバンドFTISLANDやCNBLUEを事務所の先輩に持ち、事務所初の“ダンス”ボーイズグループとして、昨年10月に韓国でデビュー。デビュー前から、韓国のリアリティー番組に出演して話題となっていた彼ら。日本でも、先輩グループの公演でオープニングアクトとしてステージに立ち熱視線を集めていた9人が、ついに6月7日、日本メジャーデビューを飾った。デビュー直前のSF9を週刊女性が直撃──。

待望の日本メジャーデビューを果たしたSF9 撮影/坂本利幸

ヨンビン「すごく緊張しています。これまで頑張って努力してきたぶんだけ、みなさんに僕たちのことを好きになってもらえたらうれしいですね」

チャニ「日本のみなさんに、幸せな気持ちや、感情を届けられるグループになりたいです。僕らの多様な、男らしい、少年のような、カッコいい魅力を感じてほしい」

 デビューシングル『Fanfare』は、韓国の子どもなら誰もが経験する“かくれんぼ”や“鬼ごっこ”をモチーフに恋愛模様を描いたアップテンポで華やかなヒップホップナンバー。9人の確かなパフォーマンス力を感じることができるシングルにちなんで、もし、恋愛ドラマに出演するなら、どんな役柄を演じてみたいかを聞いてみた。

ロウン「僕は、学生がいいです。韓国のドラマ『相続者たち』でイ・ミンホ先輩が演じていた財閥の御曹司で学生みたいな」

インソン「伝説のケンカ王! 実際に、ケンカは強いですよ。たぶん……」

フィヨン「セクシーな弁護士!」

ダウォン「僕は、ヒロインを演じてみたいです。メンバーを口説くとしたら、まず、テヤン。すぐ、僕になびくと思うから」

テヤン「まったく僕の理想のタイプじゃないです!!」

ジュホ「すごく性格がよくて、優しくて、尽くすタイプの男性。僕のイメージと、違いますね……」

ジェユン「僕は、体育の先生。遅刻してきたロウンを叱ります!(笑)」

テヤン「ファンタジーロマンスで剣を使って怪物を倒し、ヒロインを守ってあげたいです」

ダウォン「じゃ、そのヒロインを僕がやります!(笑)」

 9色の魅力を放つ仲よしメンバーのトークは大盛り上がり。グループ名、SF9のSFはSensational Feelingの頭文字をとったもの。世界を“驚かせる”パフォーマンスで、日本に旋風を巻き起こしてくれるはずです。

『Fanfare』通常盤(CDのみ)1200円+税、初回限定盤A・B(CD+DVD+ブックレット)1800円+税 ※記事中にある画像をクリックするとamazonのページ(初回限定盤A)にジャンプします