「東京ドームで初めてチアダンスを踊ったときは最高の気分でした! 今、チアダンスにどっぷりハマっています!」(42歳・会社員)

 心はオトメ、身体はちょっとだけ重厚感を増した中高年女子(?)のみなさん! 50代、60代でもチアダンができるスタジオが続々登場していますよ~!

「ハイ! ハイ!」と元気なかけ声とともにハイキック。気分はまるで部活生

 今春公開した、広瀬すず主演の映画『チア☆ダン』に憧れて、ひそかにチアダンスをやってみたい♪ でも年齢が……と躊躇している中高年女子のみなさん、チアダンをあきらめてはいけません!

 そもそも、チアダンスとは、チアリーディングの中のダンス部分が独立した競技。組み体操のようなアクロバティックな動きは含まれないから、中高年でもできます。

「50代、60代の方も若い方と同じメニューでレッスンしていますよ。最近では、59歳の女性が東京ドームの野球応援のイベントに参加しました」

 と、教えてくれたのは大人チアダンスの草分け的存在、CCチアダンススクール代表の井尻百百子さん(37)。井尻さんは、CA(キャビンアテンダント)として日本航空に勤務していたとき、チアリーディング部に所属、退職後もプロのチアダンサーとして活躍し、チアダンス歴15年というプロ中のプロ。2012年にスクールを開講し、続々と大人のメンバーが増えているという。

「大人のクラスは、30代が多いですが、最高齢の方は64歳です」(井尻さん、以下同)

 中・高校生時代にチアリーディングやバトンを経験した人、ダンス経験がある人もいるが、なんと、

「経験がない人のほうがすんなり入れて、上手になりますよ」

 未経験者、中高年女子でもOKなのだ。

 このスクールでは、頻繁に野球応援などのイベントに参加しているが、まったくの初心者でも入会して数か月で参加できる人もいるという。東京ドームや、ディズニー公式ホテルダンスショーでのイベント出演の機会があり、50代も60代も腹出しのキュートなコスチュームを着て踊れるのだ。コスチュームが着たくてチアを始めたというメンバーもいるほど。イベントを目標に頑張るメンバーが多く、モチベーションアップにつながっているそう。

 というわけで、50代記者がチアダンスに挑戦!