麗禾ちゃんの手を引き幼稚園の運動会に参加(‘16年10月10日)

 6月22日の夜、家族に見守られながら乳がんのためこの世を去った小林麻央さん。夫で歌舞伎役者の市川海老蔵は、23日に行われた記者会見で涙ながらに記者からの質問に答えた。

 来年、小学生になる5歳の娘・麗禾ちゃんと4歳の息子・勸玄くん。早すぎる母との別れはあまりにつらかったはずだ。会見で海老蔵は、

麗禾は昨日ずっと麻央のそばを離れませんでした。そして彼女の横でずっと寝ると言って、寝ていました。(亡くなったと)認識していると思います。

 勸玄はまだ……。わかっているのですけれど、わかっていないところもあって

 と明かしている。

 7月3日から歌舞伎座で始まる『七月大歌舞伎』では、白狐の役で父と宙乗りに初挑戦する勸玄くん。だが、麻央さんは当初、息子が舞台に上がることに反対だったという。

自分が息子のフォローをできないこともあり、出演はやめたほうがいいと話したそうです。でも、“かんかん”こと勸玄くんが“ママのために頑張る。出たい”と言うので、麻央さんは舞台を見に行くことを目標に頑張っていたそうです」(成田屋のご贔屓筋)

 だが、その願いが叶うことはなかった……。

 歌舞伎の宗家である成田屋の長男として生まれ、ゆくゆくは『團十郎』の大名跡を継ぐであろう勸玄くん。当然、麻央さんも梨園の妻として、その重責を感じとっていた。

勸玄くんをセレブ託児所に通わせる麻央('14年9月)

「息子さんが1歳半のころ、ご自宅から車で15分ほどのセレブ託児所に預けるようになったんです。ここはお受験に特化し、1日10時間ほどの保育で授業料は年間200万円ほど。

 祖父の團十郎さんと海老蔵さんが通われた私立幼稚園に入園させるのが目標でしたが、それ以上に麻央さんは、役者として親離れができるようにと望んでいたようです。

 ですので、お姉さんの麗禾ちゃんは通わせていなかったですから」(梨園関係者)

 託児所へは主に麻央さんが送り迎えをしたが、海老蔵もときどき姿を見せていたという。ふたりが真剣に子育てしたからこそ、息子は舞台に立つことを強く願ったのだろう。

'15年11月に勸玄くんは初お目見えをしましたが、そのために麻央さんは抗がん剤治療を一時中断して付き添っていました。

 後日、海老蔵さんは25日間通い続けた麻央さんのことを、“かんかんの初お目見えということで、覚悟を決めていた”と、自分の体調より梨園の母としての責務を選んだことを明かしています」(全国紙記者)