『クリスマスキャロルの頃には』が大ヒット

稲垣潤一 あのヒット曲は秋元康に「逆にこのくどさがいい」

2015年12月19日(土) 11時00分
〈週刊女性1月1日号〉
2015年12月19日(土) 11時00分
〈週刊女性1月1日号〉

inagaki1219

 女性読者300人にアンケートした『クリスマスソング』ランキングで5位に選ばれたのは、92年にヒットした稲垣潤一が歌う『クリスマスキャロルの頃には』。

「最初に作曲家の三井誠さんからあがってきた原曲が素晴らしくて、すごい曲になると確信しました。だけど、この曲は初めからクリスマスソングとしてできたわけではないんですね。原曲が作られたのは'90年のこと。サビの部分があまりにもよすぎるので、その後2年ほどかけてほかのパートをよりよくするための直し作業を行っていたんです」

 '92年の夏になり、次に出すシングル曲を選ぶことに。ストックしていた『クリスマスキャロルの頃には』以外に、もう1曲候補があったという。

「それで、作詞を担当することに決まっていた秋元康クンに聴かせたら、『クリスマスキャロルの頃には』の曲がすごくいいと。ドラマのプロデューサーにも聴いてもらったら、同じように『クリスマスキャロルの頃には』を気に入って」

 そこで初めてTBS系ドラマ『ホームワーク』の主題歌になることが決まったそうだ。

「ドラマの内容が、この男女はクリスマスのころにどういう答えを出しているんだろうというものだったので、それと歌詞をリンクさせたんですね。初めは歌詞の中に『クリスマスキャロル』というフレーズが8回出てくるのが、ちょっとくどいかなと思って秋元クンに相談したんです。そうしたら、逆にこのくどさがいいんですよと言われて。それもそうだなと納得したんです」

 『クリスマスキャロルの頃には』はデビュー10周年目に出した曲。

「そんな感じで三井さんの曲に秋元クンの詞が乗り、清水信之さんのアレンジと、三拍子そろったすごい曲になりました。それまで『ドラマティック・レイン』が僕の名刺がわりともいえる曲でしたが、節目の年に再びヒット曲を出せたのはうれしかったですね」

 当時はこれほど長く愛されるとは思っていたと語る。

「僕自身もこのシーズンになるといろんな場所で耳にしますが、買い物中にBGMでかかっていると、思わず歌いそうになります(笑い)」

 最近は稲垣のディナーショーをメモリアルにするというカップルや夫婦が増えているという。

「すごくうれしく思っています。今年も、これからライブで各地を回るので、『クリスマスキャロルの頃には』の曲を筆頭に、ステージを盛り上げていきたいです」

関連記事

女性
ドラマの打ち上げ...

「東京ラブストーリー」秘話

2014年08月05日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
テレビ
20代は、“交際...

『男女7人』から変わる恋愛模様

2015年10月10日(土) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
テレビ
’70年代に始ま...

嫁姑物語がテレビから消える

2015年09月07日(月) 18時00分
〈週刊女性9月15日号〉
女性
あの頃に流行った...

べッド・インお薦め夏ソング

2015年08月31日(月) 05時00分
〈週刊女性9月8日号〉
アーティスト
今年の卒業式にも...

大黒摩季、校歌を無償で作る

2015年03月17日(火) 06時00分
〈週刊女性3月31日号〉
その他
今、昭和ジャニー...

布川敏和の鳥肌モノの思い出

2015年05月17日(日) 11時00分
〈週刊女性5月26日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ