入隊前最後のインタビュー

レーシックしたソンモ「みなさんの顔をはっきりと見たい」

2016年02月27日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉
2016年02月27日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉

s-sonmo227

 第2弾ソロアルバム『The future with U』を通して「“これからも、一緒に”、そんな思いが伝わったら」と、語ったソンモ。韓国男性の義務を果たすため、しばらく音楽活動では会えない彼にインタビューした。

 もう少しで除隊し、超新星の活動に戻ってくるソンジェとは、年末に会ったとか。

「ソンジェの舞台があったからチケットをお願いしたんです。そうしたら、“恥ずかしいから、来なくていいよ”って(笑い)。

 結局、約束していた日にレーシックの手術を受けることになって、明るい照明を使う舞台を見ることができなくて。そうしたらソンジェが“よかった”って、喜んでいました(笑い)」

 舞台を見ることができなかったかわりに、ソンジェの“おいしいごはんが食べたい”という願いを叶えるため、焼き肉を食べに行ったそう。

「あんなに食べるソンジェ、初めて見ました! 彼、もともと食べることが好きなんです。でも、あの日は、牛肉4人前に、チゲも2つをひとりで食べて。 珍しいなあって思いました(笑い)」

 ちなみに視力矯正のレーシックをしたのは、なぜ?

「僕、視力が悪くてコンタクトレンズをつけていたんです。仕事で長い時間、着用していると目が充血したり、腫れたりしちゃって。それを解消したかったのと、しばらく会えなくなるみなさんの顔をもっとはっきりと見たくて。

 手術後のライブで、“今日のソンモ、ひとりひとりの顔を目に刻んでいたよね”って言われて。みなさん、ちゃんと気がつくんだなと思いました。本当に、すごくよく見えていますよ(笑い)♪」

 誰よりも大切にしているファンと会えるのも、あと少し。やっておきたいことを聞くと、こんな答えが。

「とにかくいまは、時間と機会があれば、みなさんと一緒にいたい。それだけです。僕にとって、みなさんと会えることがいちばん楽しいことだから。

 そして、約2年間をどう過ごしたら、自分がいちばん成長できるかだけを考えています。“日本語を忘れちゃうんじゃない?”と言われることも多いんですけど、もっと勉強します! そして、もっと余裕のある大人になって戻ってきます」

 最後に、もし、いま彼女がいるとしたら、入隊前日の過ごし方を聞いた。

「もし、そんな状況になったら……、彼女がいちばんしたいことをしてあげたい。僕がしたいことがいいって言われたら? 旅行に行きたいです。海辺でバーベキューをしながらワインを飲んで、たくさん話をして楽しく過ごしたい。涙を流してしんみりするより、笑顔な感じがいいです」

撮影/廣瀬靖士

関連記事

K-POP
陸軍主催フェステ...

JYJジェジュン「胸筋が隆起」

2015年10月16日(金) 20時00分
〈週刊女性10月27日号〉
アーティスト
現地レポート

ユンホ 兵役イベントに登場

2015年10月07日(水) 05時00分
〈週刊女性10月20日号〉
アーティスト
現地レポート

ユンホ 兵役初パフォーマンス

2015年10月07日(水) 11時00分
〈週刊女性10月20日号〉
アーティスト
ライブから2週間

ユンホ 地上軍フェスティバルに

2015年10月07日(水) 16時00分
〈週刊女性10月20日号〉
海外
兵役免除はバッシ...

兵役で株上げた韓国芸能人

2015年09月27日(日) 11時00分
〈週刊女性10月6日号〉
海外
丸坊主姿も話題に

ユンホがアップして爆売れ商品

2015年09月26日(土) 16時00分
〈週刊女性10月6日号〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ