ベストセラーをドラマ化! NHK『64(ロクヨン)』主演

ピエール瀧「本業はミュージシャン。セリフは音楽的に記憶」

2015年04月25日(土) 06時00分
〈週刊女性5月5日号〉
2015年04月25日(土) 06時00分
〈週刊女性5月5日号〉

「ミュージシャンが本業なので、役者だと思ったことはないです」

20150505  pieru (4)

撮影/佐藤靖彦

 横山秀夫原作の人気小説をドラマ化したNHK土曜ドラマ『64』(毎週土曜夜10時放送)で、主人公の警察広報官・三上を演じている。昭和64年に起きた少女誘拐殺人の未解決事件に関わった元刑事の三上は、配属された広報で記者クラブとの対立、警察内部のパワーゲーム、家庭においては娘の家出と問題を抱えている。

「ニコリともしない役で、ずっと仏頂面で演じさせていただきました。台本のセリフに"……"が多く、難しかったけど、楽しかったです」

 ちなみに、セリフの覚え方は音楽的だという。音楽との共通点としてセリフを覚える過程をあげる。

「配役ごとのセリフを色分けして、色のパターンでシーンを覚えていきます。シーンはAメロ、サビ、間奏といった曲の構成として、次にメロディーであるセリフを頭に入れる。楽曲を覚えるような感覚でやるのが、いちばんやりやすいです」

 テクノユニット『電気グルーヴ』でデビューしたが、俳優としてのキャリアも長い。近年は映画『凶悪』で日本アカデミー賞やブルーリボン賞に輝き、『あまちゃん』では寡黙な寿司店主を演じ話題に。怪優、個性派といった存在感のある役者として注目されている。

「誘っていただけるので、いろんな現場を見たくて行っちゃう(笑い)。役者というよりもモノづくりの現場を見るのが楽しいし、好きなんです。現場を見に来てもいいかわりとして、セリフと役が与えられている感じ」

 今回の主演についても控えめだ。

「イケメンとは違う僕が主役で女性(視聴者)にアピールできることは少ないけど、逆にスタッフの本気度や作りたいものが明確だと思います。だからこそ、のめり込んで見てもらえるドラマになっていると思います」

関連記事

男性
『モーニングショ...

羽鳥慎一、今もガラケーを愛用

2016年05月23日(月) 05時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉
男性
『OUR HOU...

加藤清史郎「性格を重視する」

2016年05月22日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉
男性
映画『海よりもま...

阿部寛、過去の栄光を捨てていた

2016年05月21日(土) 05時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉
男性
映画『シマウマ』...

竜星涼 パリコレデビューで変化...

2016年05月20日(金) 16時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉
男性
『とと姉ちゃん』...

坂口健太郎「奇妙な男」

2016年05月19日(木) 05時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉
男性
『HK/変態仮面...

鈴木亮平「前作よりも変態」

2016年05月14日(土) 05時00分
〈週刊女性2016年5月24日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ