"第2の金城武"が日本の連ドラに初出演

DEAN FUJIOKA、4か国語あやつりアジア圏で活躍も「定住したい」

2015年08月02日(日) 16時00分
〈週刊女性8月11日号〉
2015年08月02日(日) 16時00分
〈週刊女性8月11日号〉

「ふと10年前を思い返すと、日本で仕事をすることは一生ないだろうと思っていました。でも続けていると、想像できないことが起こると思いました」

20150811 fujioka (4)

DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ) ●1980年8月19日生まれ。福島県出身。高校卒業後、アメリカ・シアトルの大学に留学。’05年映画『八月の物語』の主演に抜擢され俳優デビュー。日本語、英語、中国語、バハサインドネシア語の4か国語をあやつる 撮影/佐藤靖彦

 フジテレビ系『探偵の探偵』(毎週木曜夜10時放送)に、主演する北川景子の先輩探偵・桐嶋役で日本の連続ドラマに初めて出演している。

「人間関係を俯瞰しているような役どころですが、後半はバリバリのアクションもこなすようになります」

 米国の大学に留学し、卒業後はIT起業家をイメージしていたが、9・11もあって方針転換。「21世紀はアジアの時代」という教授の言葉を思い出し、香港に渡った。

「何でもいいからトライしようという若いエネルギーだけで、いろんなことを経験して、俳優として収まった感じです」と振り返る。

 台湾でも活躍する逆輸入スタイルは“第2の金城武”ともいえる。

「尊敬する先輩の1人である金城さんとダブって見てもらえるのは光栄です」

 NHKの朝ドラ『あさが来た』(9月28日放送開始)への出演が決まり、しばらくは母国での活動が中心になるが、台北、ジャカルタにも拠点を持ち、悩みを抱えている。

「役者としては仕事があるところならどこにでも行き、責任を果たしたいと思っていますが、プライベートでは定住したいです」

 その理由のひとつには、インドネシア国籍の妻との間に昨年、双子が誕生したことが大きい。

「家族や家庭が落ち着くことは仕事にもいい影響があるし、発展すると思うから。それを含めて、プロフェッショナルとしてやっていきたいと思っています」

 現在、定住地を決めかねている。

関連記事

男性
撮影現場ウラ話

大野拓朗、3姉妹から無視?

2016年05月30日(月) 05時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
ドラマ『OUR ...

犬飼貴丈、アカ抜けない子が好き

2016年05月29日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
映画『探偵ミタラ...

玉木宏、反応を気にして映画館へ

2016年05月29日(日) 05時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
映画『64-ロク...

永瀬正敏「坂上忍に感謝してる」

2016年05月28日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
『モーニングショ...

羽鳥慎一、今もガラケーを愛用

2016年05月23日(月) 05時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉
男性
『OUR HOU...

加藤清史郎「性格を重視する」

2016年05月22日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ