松崎悠希さんインタビュー

『硫黄島からの手紙』撮影現場、ムードメーカーは二宮和也

2015年08月03日(月) 11時00分
〈週刊女性8月11日号〉
2015年08月03日(月) 11時00分
〈週刊女性8月11日号〉

matsuzakiyuki
 『ラスト・サムライ』、『ピンクパンサー2』、『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』など、超大作に出演する俳優の松崎悠希さん。

 名匠・クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』では、嵐の二宮和也と同僚の兵隊という、重要な役柄をこなした。

 高校卒業後、前単身渡米。ホームレスまで経験しながらも現在の地位にまで上り詰めた。渡米後の松崎さんを悩ませていたのが、言葉の壁だった。

「学生時代、英語劇をやっていたので、英語にも演技力にもちょっとは自信があったんです。なのに、オーディションでは、英語の発音が全然ダメだと相手にされなかったんですね。非常にショックでした。でも、落ち込んでいたって仕方ないですから、辞書を徹底的に利用して勉強をしました」

 その勉強法とは、調べた単語にマークをし、とにかく発音と意味を頭に叩き込む、というもの。結果、英語の辞書を3冊丸暗記したそうで、現在ではトータル60冊の辞書を所有している。

 そんな勉強法を始めて4年。ついに、セリフのある役をもらうことができた。しかも大変な話題作。それが、『硫黄島からの手紙』だった。

「実は僕、日本にいたときからテレビのないビンボーな家に育ったので(笑い)、ニノくんはもちろん、嵐を知らなかったんです。彼の演技はとても素晴らしくて、製作側が望む表情やしぐさを即座に理解し、とても自然にこなす。思わず“君ってすごい役者だね!”といったら“ううん、オレ、アイドルなんだよね”と返されました。それも即座に(笑い)」

 2人は“ニノくん”“悠希くん”と呼び合う仲だったとか。

「僕がNGを出すと即座にツッコミを入れてきたりして、現場のムードメーカーでしたね。日本のアイドルって、レベルが高いんだなと思いました(笑い)」

 そんな2人を見守っていたのが、イーストウッド監督だ。

「彼は“作品は、配役を決めれば80%は完成したようなものだ”というのがポリシーですから、配役=演技の実力を認められたということなので、本当にうれしかったですね。そのため、NGを出した場合以外、シーンの撮り直しもほとんどないんです」

 その後ほどなくして『ピンクパンサー2』の配役が決まり、スティーヴ・マーティンやジャン・レノ、アンディ・ガルシアと共演。また、『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』では、ジョニー・デップと共演。ついにハリウッドスターの仲間入りを果たしたのだった。

「『ピンクパンサー2』のギャラは、約900万円。住んでいる車庫の前にリムジンが迎えに来たんですよ。マンガみたいでしょ?(笑い) そのうえ、撮影現場のフランスまではファーストクラスでした。それより差額で現金が欲しかったですけどねえ」

 現在も、さまざまな作品への出演が控えている松崎さん。また、’14 年のロサンゼルス映画祭でグランプリを受賞した日米合作映画『マンフロムリノ』でも、重要な役どころを演じている。

この作品を手がけるなど、日本と欧米で活躍する日本人映画プロデューサーのモリ・コウさんは、松崎さんの努力と実力をこう語る。

「日本での役者としての経歴が基本的にはなく、ハリウッドからキャリアをスタートさせ、活躍しているという、非常に稀な役者さんです。彼の成功の秘訣は、ルックスはもちろんですが、やはり英語に堪能なこと、そして、演技が英語でも極めて自然にできることです。以前から一緒にお仕事できたらいい、と思っていたこともあり、今回ご出演いただきました。期待以上の、非常に印象的な演技をされました。今後のさらなる大活躍に期待しています」

 現在は防音設備付きの高級住宅に暮らす松崎さん。これまでを振り返りつつ、次なる夢をこう語る。

「“もうだめだ”と思ったことはなかったですね。むしろ“寝るところがあるじゃん!”とか、端役でも“コネもないオレが役をもらえた!”とか、すべて自分は恵まれていると思ってきました。これからは、僕が演じる役を通じて、海外に、もっと“本当の日本人像”を浸透させたいと考えています。役者にしても、求められているのは日本人が見て典型的な日本人じゃなくて、西洋人たちがイメージする日本人。以前、日本人の科学者として一緒に配役されたアジア系の役者が、まったく日本語がしゃべれなくてびっくりしたことがあります。僕は日本人役が配役されたときは“ホントはこうなんだぜ”って思いを胸に秘めながら、現代の日本人を忠実に演じているんです(笑い)」

関連記事

男性
撮影現場ウラ話

大野拓朗、3姉妹から無視?

2016年05月30日(月) 05時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
ドラマ『OUR ...

犬飼貴丈、アカ抜けない子が好き

2016年05月29日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
映画『探偵ミタラ...

玉木宏、反応を気にして映画館へ

2016年05月29日(日) 05時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
映画『64-ロク...

永瀬正敏「坂上忍に感謝してる」

2016年05月28日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
『モーニングショ...

羽鳥慎一、今もガラケーを愛用

2016年05月23日(月) 05時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉
男性
『OUR HOU...

加藤清史郎「性格を重視する」

2016年05月22日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉

オススメ記事

男性
高須クリニック・...

高須院長 中島裕翔熱愛「必然」

2016年05月27日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ