大河ドラマ『花燃ゆ』が激動の時代に突入――

大沢たかお「幕末に溢れていた”エネルギー”がこの時代にはない」

2015年09月03日(木) 16時00分
〈週刊女性9月15日号〉
2015年09月03日(木) 16時00分
〈週刊女性9月15日号〉

「僕がすごく興味を持っているのは、歴史は偉人たちだけで作られたものではない、ということなんです」

20150915 oosawatakao (6)

 大河ドラマ『花燃ゆ』で、小田村伊之助として幕末の世を生きている大沢たかお。これから舞台は明治へと移り、激動の時代を生き抜いていく彼に、ドラマに込めた思いを語ってもらいました。

「"歴史劇"としては、たまたま歴史の分岐点で注目された人の名前がクローズアップされるけど、ほかにも優秀な人はたくさんいたし、名前が出る前に死んでしまった人もいっぱいいるんじゃないかと。ヒーローと呼ばれる人だけではなく、そういった人のことも見てもらえたらな、と思っているんです」

 『花燃ゆ』以外でも、ドラマ『JIN-仁-』や映画『桜田門外ノ変』といった幕末を舞台にした作品に出演している大沢だが、そのたびに思うことがあるという。

「この時代にあふれていた"エネルギー"はどこに行ってしまったんだろうと。現代を舞台にしたら、幕末のように国を思うアツいドラマって作れないと思いませんか? そんな思いを政治家は語らないし、高校生や大学生が未来を憂いても、あの時代のようにはならないじゃないですか。まあ、時代の違いもあるから同じ線上で比較はできませんけどね」

 そんなアツい思いを込めて撮影に臨んでいる、大沢のリラックス方法は?

「ん~……、家で寝ることかな。特に今は現場に出ていることが多いし、外に出ていると気を遣わなければならないじゃないですか。だから、家にいられることが一番ですよね。それに外は暑いし(笑い)」

 でも、夏休みはどこか旅に出たんでしょ?

「いえ、僕に夏休みはありませんでしたから。よりによって、夏休みの時期に撮影で僕の出番が多くなって」

 それは"旅人"としては寂しいですね……。

「いや、何か僕のイメージとして"旅人"みたいなことを言われますけど、そんなことはないですよ。時間があれば旅に出ますけど、そんなに行っているわけではないですから(笑い)」


撮影/廣瀬靖士

関連記事

男性
撮影現場ウラ話

大野拓朗、3姉妹から無視?

2016年05月30日(月) 05時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
ドラマ『OUR ...

犬飼貴丈、アカ抜けない子が好き

2016年05月29日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
映画『探偵ミタラ...

玉木宏、反応を気にして映画館へ

2016年05月29日(日) 05時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
映画『64-ロク...

永瀬正敏「坂上忍に感謝してる」

2016年05月28日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年6月7日号〉
男性
『モーニングショ...

羽鳥慎一、今もガラケーを愛用

2016年05月23日(月) 05時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉
男性
『OUR HOU...

加藤清史郎「性格を重視する」

2016年05月22日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年5月31日号〉

オススメ記事

男性
高須クリニック・...

高須院長 中島裕翔熱愛「必然」

2016年05月27日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ