『臨床犯罪学者 火村英生の推理』で主演

斎藤工、デビュー前には綾野剛とゲリラ撮影などしていた

2016年01月17日(日) 11時00分
〈週刊女性1月26日号〉
2016年01月17日(日) 11時00分
〈週刊女性1月26日号〉

s-20160126_saitou_2

 真面目なのにちゃめっ気たっぷりな斎藤工。新ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』で’16年をスタートさせる。

 ブレイク後、熱血ぶりが心地いい爽やかな役が続いた。久しぶりの“攻めの芝居”にウズウズしているのだろうか?

「そうですね。でも、『八重の桜』('13年)をやったときに、綾野剛くんと共演したんです。僕は、彼が俳優になる前からの知り合いで。ゲリラ撮影とか、本当にアンダーグラウンドな映画をお互いにやっていて(笑い)。

 昔からの仲間なんですけど、そんな2人が“ど”メジャーな大河ドラマというフィールドで、殿と秘書(※会津藩主と重臣)みたいな関係で芝居をしていることがすごくおもしろくて」

 意外な友情にびっくり。同作には西島秀俊、オダギリジョー、長谷川博己、村上淳らが名を連ねている。

「いい意味で、根っこがどメジャーじゃない印象の方が多かった気がします。そこで剛くんと“亜流と主流は円のようにぐるぐるまわっていくね”なんて話しましたね。スタンダードに思っていたものが亜流になり、亜流が主流になり……でもそれが、また周期として変わっていくというか。

 だから僕の歴史の中では、むしろ、今の立ち位置で番組を背負っているほうが、実はすごく尖ったこと。非常に希有な状況だと思っていて、それを楽しんでいます。これが来年も続くかといったら、そんな保証はまったくない。だから、崖の上にいることはいつでも変わらないんです」

 今年でデビュー16年目を迎える。長いキャリアと地道な経験が“人生プラマイゼロ”というモットーを作り上げた。

 一方で、多忙な毎日が続こうとも、映画館通いや映画製作への情熱や頻度は変わらない。最近では『東京学生映画祭』でグランプリを獲得した学生のメジャーデビューの手伝いもしていると穏やかに笑う。

「海外だとちゃんと若い才能のステップアップの場が設けられていて、“一緒にやろう”と引き上げる大人がいるんですけど、日本にはその土壌がない。その現状を映画界&映画関係者に訴えているんです。

 そんなことを続けるにあたって、僕が“どこを軸に”“どんな活動をしているか”は、とても重要なことだと思うようになりました。こうして連ドラの主演をやらせていただく立場にいる自分に、またひとつの意味が生まれてきたなと感じています」

 珍しく前向きな言葉がこぼれた。'16年をどんな年にしたいかと尋ねた。

「野望が大きすぎて(笑い)。なんだろう? ちょっとゆっくり行きたいですね。速度は調整できるものではないと思うんですが、のまれないようにしたいですね。芸能界は大きなうねりだらけなので(笑い)。その中にいながらも、どこか無関係で無神経になれる術を手に入れつつあるので、飄々とやっていけたらと思っています」

関連記事

男性
連ドラ主演のふた...

斉藤工に木村拓哉がメール送る

2015年05月13日(水) 16時00分
〈週刊女性5月26日号〉
男性
本人も定期的に帰...

人気急上昇中、斎藤工の実家が経...

2014年10月14日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
男性
プライベートでの...

斎藤工の質素すぎる生活

2015年02月08日(日) 16時00分
〈週刊女性2月17日号〉
男性
このギャップが人...

斎藤工、学食の常連?

2015年02月08日(日) 16時00分
〈週刊女性2月17日号〉
お笑い芸人
番組タイトル数は...

あばれる君、大躍進の理由は

2015年12月19日(土) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
男性
”セクシー俳優”...

斉藤工「僕は"性器顔"です」

2015年05月17日(日) 06時00分
〈週刊女性5月26日号〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ