映画『俳優 亀岡拓次』公開

サラリーマンを10か月で辞めた安田顕「芝居に逃げた」

2016年01月30日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
2016年01月30日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉

yasuda01301

 今やドラマに欠かせない存在となった安田顕。全国ロードショーの映画としては初主演となる『俳優 亀岡拓次』が公開される。

 安田といえば、森崎博之、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真とともに『TEAM NACS』の一員としてもおなじみ。北海学園大学の演劇研究会に始まり、今や“日本一チケットが取れない劇団”に。だが意外なことに、安田は大学卒業後、病院事務として働いていた。

「やっぱり卒業したら就職するものだと思っていましたから。北海道では、役者を目指す土壌もありませんでしたし」

 しかし、サラリーマンは10か月で辞めてしまったと、やや苦い顔。

「正直な話をさせてもらうと、仕事に対して、ちゃんと向き合えなかった。芝居に逃げた、という形だと思います。だから“新入社員にひと言”と聞かれることがあっても“私はこんな人間なんで、言える言葉は何もありません”といつも答えます(笑い)」

 辞めた後、当時の上司が年賀状をくれた。そこには《信頼は一度崩れたら元に戻せません。今後はどうするか知らないけど、頑張ってください》という一筆が。

「そんな言葉をいただいて、感謝しかなかったです。それ以降、何かしらの取り組み方が自分の中で変わりました。仕事が嫌で、芝居に寄っていったのは事実ですが、でも今はそんな思いでは取り組んでいません。だから、本当に感謝しています」

 役者を生業にするにあたり、NACSメンバーに触発された部分も多かったのだろうか?

「それは違いますね。5人組なのですが、リーダーをやっている森崎も就職していましたし、大泉はまだ学生でしたし。森崎が(サラリーマンを辞めて)北海道に帰ってきてからが、NACSとしてはスタートでしたから」

 今やメンバーの大半が、連ドラの常連であり、主演俳優。バラエティーでも大活躍を見せている。彼らはよきライバル? それとも戦友?

「今、こうして作品に出していただいているのは、やっぱりファンのみなさんの支えがあってのこと。ファンのみなさんが一番求めていることが、(自分が)TEAM NACSとして活動することだと思います。4人と出会えたことは、感謝しています。ただ、なかなか言葉にできないものだなぁとはよく思います。発したその言葉だけがひとり歩きしていきますから。

 ちょっと話がズレてしまって申し訳ないんですが、『俳優 亀岡拓次』の好きなところは、言葉にできない感情をきちんと画で示して、結論づけないところ。それぞれにゆだねる、とてもステキな映画なんです。僕自身、言葉が拙いものですから、自分自身の言葉で表現することで、NACSが安っぽく感じられるのは嫌だなぁとは思っています」


映画『俳優 亀岡拓次』

 亀岡拓次(安田顕)、37歳独身。職業は脇役、趣味はお酒。現場を渡り歩き、来た仕事は断らない。そんな“最強の脇役”の不器用で愛すべき恋と人生に笑って、ほっこり。奇想天外なエンターテイメント。テアトル新宿ほか全国ロードショー。

撮影/廣瀬靖士

関連記事

男性
日本一チケットの...

TEAM NACS、3年ぶり舞...

2015年08月22日(土) 11時00分
〈週刊女性9月1日号〉
男性
写真で振り返る―...

TEAM NACS公演前密着

2015年08月23日(日) 11時00分
〈週刊女性9月1日号〉
男性
「不思議だなぁと...

大泉、TEAM NACSを語る

2015年08月24日(月) 01時00分
〈週刊女性9月1日号〉
男性
舞台『ORANG...

音尾「大泉たち憎い」過去

2015年02月09日(月) 16時00分
〈週刊女性〉
男性
北海道のスター集...

音尾、大泉らの活躍に焦る

2015年02月09日(月) 16時00分
〈週刊女性〉
ドラマ裏話
大河『真田丸』で...

草刈正雄、真田昌幸の共通点

2016年01月24日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ