黛英里佳&逢沢りな対談

『新・牡丹と薔薇』も“盛りのついたメスネコ!”など超過激

2015年12月15日(火) 11時00分
〈週刊女性1月1日号〉
2015年12月15日(火) 11時00分
〈週刊女性1月1日号〉

botabara1215

 '04年に大河内奈々子と小沢真珠が演じた『牡丹と薔薇』。“役立たずのブタ!”、牛革財布のグレイビーソースがけステーキなど、何もかもが強烈で社会現象を巻き起こした。

 あれから12年。新たなるドロドロ愛憎劇が……。『新・牡丹と薔薇』(月~金曜昼1:30~東海テレビ・フジテレビ系)は2週の放送を終え、18歳の妊娠、相手の死、里子、異母きょうだいなど、ジェットコースターすぎる展開&珠玉のセリフが話題。

黛「前作がやっぱりあれだけ話題になって、ブームになっているので。“『牡丹と薔薇』またやるの!?”“それに私が出るの!?”“ぼたん役で!?”と、パニックでした(笑い)。マネジャーや監督に“なんで私なんですか?”ってずっと聞いていましたね」

逢沢「前作のとき、私は小学生で。当時は大人の世界すぎて、見せてもらえない感じでした(笑い)。事務所の先輩である小沢真珠さんの後を引き継ぐ、すごく大きなお仕事なので“私にできるのかな?”と不安でした」

 ぼたん役を演じるのは、『秘密のケンミンSHOW』内ドラマ『辞令は突然に…』の東はるみ役でおなじみの黛英里佳、薔薇こと美輪子は『炎神戦隊ゴーオンジャー』でも活躍した逢沢りなが演じている。

黛「まさに愛憎劇。ドロドロ好きのみなさん、お待たせしました(笑い)。普通の姉妹とはちょっと違った感じで……なんか毎日抱き合っているよね?(笑い)」

逢沢「不思議なもので、それが普通になってきました(笑い)」

 やはり、古めかしくも1周まわって斬新なセリフのオンパレード?

黛「“盛りのついたメスネコ!”とか、激しいセリフがいっぱいで、すごい楽しいです(笑い)。実際やってみるとスカッとするんですよ」

逢沢「そうそう。毎日のように叫んだり、激しい言葉を発したり……私は、けっこうビンタされていますね(笑い)」 黛「ね(笑い)。本番では、本当に叩いているので。なので、なんとか一発で決めようと必死です。赤くなっちゃうし、痛いから」

 質問のつど顔を見合わせ、本当の姉妹のように仲よしな2人。しかし、劇中では壮絶ないがみ合いが展開される?

黛「いがみ合い……。前作の印象が強いので、みなさんそう思われると思うんですが、今回はベースがすべて愛。愛ゆえの憎しみや哀しみというか」

逢沢「今回はキャストもストーリーも一新した、新しい『牡丹と薔薇』。前作とは違った形の“役立たずのブタ!”が出てくるかもしれません(笑い)」

撮影/佐藤靖彦

関連記事

スポーツ
ママたちのライバ...

ジュニアスケーター母も争いが

2015年04月03日(金) 06時10分
〈週刊女性4月14日号〉
ドラマ裏話
『別れたら好きな...

綾部 過酷な昼ドラとお笑い両立

2015年10月01日(木) 11時00分
〈週刊女性10月13日号〉
男性
『明日もきっと、...

高杉真宙、質素すぎる私生活

2015年06月05日(金) 06時00分
〈週刊女性6月16日号〉
ファミリー
昼ドラ顔負け!

人気子役Aちゃんママ、不倫相手...

2015年01月20日(火) 11時49分
〈週刊女性〉
テレビ
’70年代に始ま...

嫁姑物語がテレビから消える

2015年09月07日(月) 18時00分
〈週刊女性9月15日号〉
ドラマ裏話
プロデューサーが...

「マザー・ゲーム」喧嘩は実話

2015年04月21日(火) 16時00分
〈週刊女性5月5日号〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ