ドラマ『ナオミとカナコ』出演

内田有紀 苦手なタイプは「自分の考えを押しつける人」

2016年01月21日(木) 16時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
2016年01月21日(木) 16時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉

s-20160202_uchida

 “いっそ殺そうか、あんたの旦那”。先週スタートした新ドラマ『ナオミとカナコ』。控えめな専業主婦の加奈子(内田有紀)は、夫からのひどい暴力に耐え忍んでいたが、百貨店の外商部で働く勝ち気な親友・直美(広末涼子)との再会により、危険な一歩を踏み出す。

 受け入れがたい現実の中で2人は追いつめられ、そして立ち上がっていく……。DVはもちろん、モラハラを含め、男性から受ける心の傷に苦しむ女性は多いはずだと語る。

「すごく客観的に、かわいそうだと……。加奈子は性格が悪いわけでも、鈍感で空気が読めない人でもない。ただ明るくて幸せに生きていたいだけなのに、ダンナさんのストレスのはけ口にされていて……。本当に助けてあげたい」

 自身の女友達に救われた経験について尋ねてみた。

「とても周りの友達に助けてもらってますね、ずっと。だから、『ナオミとカナコ』はすごくわかります。私もこのような友達がいたら、ほかの方法で力になりたい。友情は、私にとってはすごく大事なものです」

 仲がいいのは幼稚園、中学、高校……同級生ばかりだという。料理を作っては、お互いの話をずっとしているそう。では、逆に苦手な男性はどんな人なのだろうか。

「男性でも女性でも、自分の考えを押しつける人。とにかく、心が自由にならないような関係はダメだなと思います。 それと“私はこういうものが好きなんだ”っていうことを、相手の顔色をうかがって素直に言えなくなるのは、人間としてよくないと思います」

 デビューして24年目。芸能界にキラ星のごとく現れた、クールで都会的なショートカットのアイドルは、今では『ドクターX~外科医・大門未知子~』『Dr.倫太郎』『偽装の夫婦』などの話題作に名を連ね、難役も見事にこなす。

 さらに主演ドラマ『女ともだち/はぶらし』(NHK BSプレミアム)も放送中。多彩な役柄で数々のドラマや映画に出演し続けている。

「幸いなことに若いときから仕事をしているので、全部が今につながっています。出会ったどの方を除いても、今の私にはならなかった。全部ムダになっていないし、ムダにしたくない思いもあるんです」

撮影/廣瀬靖士

関連記事

ドラマ裏話
ドラマ裏話

内田有紀 本番前に呪文唱える

2015年10月29日(木) 11時00分
〈週刊女性11月10日号〉
ドラマ裏話
新境地開拓

沢村一樹の妻 天海の大ファン

2015年11月12日(木) 11時00分
〈週刊女性11月24日号〉
女性
主演ドラマ『わた...

綾瀬はるか 運命の赤い糸は?

2016年01月10日(日) 16時00分
〈週刊女性1月19日号〉
女性
デビュー20周年...

持田香織が語るELTと歩んだ半...

2015年09月26日(土) 05時00分
〈週刊女性10月6日号〉
女性
2006年に連ド...

篠原『アンフェア』完結を語る

2015年08月27日(木) 05時00分
〈週刊女性9月8日号〉
女性
27年ぶりの復活...

大西結花「涙腺ゆるんだ」

2015年07月30日(木) 11時00分
〈週刊女性8月11日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ