『真田丸』出演中

木村佳乃 高木渉の第一印象は「絶対にこの人は優しい」

2016年02月21日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉
2016年02月21日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉

s-20160301_sanadamaru_1

 大河ドラマ『真田丸』で主人公・信繁の姉、まつを演じている木村佳乃。学生時代、乗馬部だった経験を生かし、大河ドラマ『北条時宗』以来、10年以上ぶりに乗馬シーンも披露している。

「家族や友人からは、“まつは佳乃そのものだね”と言われます。私自身はこんなにとぼけていないのに、と思っているんですけど(笑い)」

 まつは、かなり活発で現代的な女性像にも見えるけど?

「まつもそうですが、女性陣はセリフがほぼ現代語なんです。会話の中で相づちを打つときに“ねぇ~”と返したり。私も最初に台本を読んだときにびっくりしたんですけど、そこは三谷さんの狙いで、若い人にもわかりやすく見ていただけるようにと、そういう言葉遣いにしたとおっしゃっていました」

 現代的なのは言葉だけではなく、茂誠とのピュアな夫婦関係も……。

「三谷さんから“純粋に愛し合っている夫婦です。茂誠を演じる高木さんとなら、そんなふたりになれると思います”と言われました。失礼ながら高木さんを存じあげなかったのですが、会った第一印象は“絶対にこの人は優しい”(笑い)と確信できました」

 その絆はまつと茂誠だけではなく、真田家の面々ともつながっている。一家についてはこう語った。

「真田家は、今でたとえるならトップ企業ではなく、中小企業ですよね。そういった家柄でありながら戦国時代という中で、親や兄弟が殺し合ったり反目したりしないで生き抜いた、唯一の一族だと思っています。そこが魅力なんでしょうね」

 木村が話す真田家の様子を、信繁演じる堺が“ホームドラマ”と表現していたけど、女性陣で目を引くのが母・薫を演じる高畑淳子。

「本当にパワフルなんですよ。近くで演技していると、どんどん顔が近くなってきて(笑い)。年齢は私のほうが若いのですが、野盗から逃げるシーンなど走る場面では、私より高畑さんのほうが速いんです(笑い)。

 体力をつけなくては、と思うんですけどね……。最近は子育てがトレーニングですね。ふたりの子どもを抱えれば30kgですから」

 子どもたちとオンエアを一緒に見ているという木村。ふたりの反応はどうなのだろうか?

「一瞬、“ママだ!”と言って終わりでした(笑い)。あと、野盗が出てきたら怖がっていましたね。基本、日曜日のあの時間は月曜日に備えて家でゆっくりしているので、リアルタイムで放送を見ているんです」

 まつが明智勢に追われ琵琶湖に転落、記憶喪失になってしまったが、気になるまつのこれからは?

「5月の頭に、すごい再登場の仕方をします。台本で読ませていただいたのですが、私、イスから転げ落ちました(笑い)。どうやって演じようかと、久しぶりにプレッシャーを感じています。みなさんも放送をご覧になったら、イスから1回、ズリッとなると思いますので(笑い)、お楽しみにしてください!」

撮影/佐藤靖彦

関連記事

男性
『真田丸』で主演

堺 三谷からのリクエストなし

2016年01月10日(日) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉
少年隊
黒木瞳監督の映画...

ヒガシ 妻のロケ地に陣中見舞い

2015年08月25日(火) 05時00分
〈週刊女性9月8日号〉
人物
芸能人たちのリア...

木村佳乃は〇〇妻?

2015年02月12日(木) 06時00分
〈週刊女性2月24日号〉
少年隊
結婚4周年目の本...

東山、マスオさん生活

2014年10月28日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
ドラマ裏話
屋敷陽太郎チーフ...

真田丸「武将たちの成長物語」

2016年01月09日(土) 05時00分
〈週刊女性1月19日号〉
ドラマ裏話
チーフプロデュー...

真田丸「日本の今に合ってる」

2016年01月09日(土) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉

オススメ記事

文化人
バレーボール・タ...

フィフィ語るスポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
不正疑惑で会見も...

フィフィ、東京都政に物申す

2016年05月14日(土) 17時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
大切なのはリテラ...

フィフィ エロバナーに激おこ

2016年05月07日(土) 18時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ