太田房江さん

日本初女性知事「女性だからという苦労繰り越したくない」

2016年03月19日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉
2016年03月19日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉

20160329_nihonhatsu_3

 東大経済学部卒業後、旧通産省を経て政治の世界へ……。華やかな経歴を持つ、日本初の女性知事・太田房江さん。実は学生時代は専業主婦願望が強かったというから意外だ。

「私の世代だと、卒業後は家庭に入る女性が多かったですね。私も若いころは、主婦になるのが夢というか、それが普通だと思っていましたから。私は地方(広島)身の普通の女子学生だったんですが、東大で出会った東京出身の女性は、非常に開明的。意識が一歩先に進んでいて、“女性も地域のために、国のために働かなくてはいけない”と言ってくれました。親友です」

 ゼミの担当教授の小宮隆太郎先生は、日本で近代経済学を確立した人物。

「留学が長く、アメリカで女性が苦しみながら社会進出し、ビジネスで活躍していく姿をずっと見ていらしたんですね。だから“日本にも必ずそういう時代が来る”と導いてくださいました」

 当時は女子学生が民間の会社で、男子学生と同じ扱いを受けるのは、まず無理だった時代。

「国家公務員は一種の資格試験ですから、これをクリアすればどの省庁でも働くことができる。無事受かり、'75年に通商産業省(現・経済産業省)に入りました。通産省の女性の採用は10年ぶりだったそうです」

 '75年は、国連が制定した国際婦人年。

「そんな新しい時代だったからこそ、“女性の能力を使ってみよう”と、おもしろがってくれる採用担当者に巡りあえたのかもしれません。私はそんなふうに、新しいことをおもしろがる人を“器が大きい”と称しています。

 器が大きい男性が組織にどれだけいるか。それが、女性が社会で登用されていく、大きな原動力ですね。すごい激務でしたけど、通産省では非常に気持ちのいい25年を過ごさせてもらいました」

 そんな居心地のいい場所を飛び出して、なぜ大阪府知事になったのだろうか?

「通産省からの出向で岡山県副知事を務めたんですが、そのときに地方政治の大切さを知りました。その後、大阪の経済産業局で働いた経験もあり“大阪のために、関西のために働きたい”と思ったことが、主な理由です」

 離婚経験があり、今の夫は2人目。

「最初の結婚では、姑に“家庭に納まりなさい”とずいぶん言われました。それが原因で別れたわけではないんですが、その主人のままだったら、私は今、こうなってない。現在の夫は大阪人で、働いている私を見初めてくれました」

関連記事

関ジャニ∞
大倉忠義がドクタ...

関ジャニ∞チケ代で神対応

2016年01月28日(木) 05時00分
〈週刊女性2016年2月9日号〉
スポーツ
地元の評判は良い

清原の逮捕、母親には伝えず

2016年02月09日(火) 05時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
女性
3次会では完全防...

『あさが来た』大阪打ち上げ

2016年03月14日(月) 20時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉
ニッポン
ホテル不足問題が...

“爆泊”対策にラブホテル参入

2016年03月05日(土) 11時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
ニッポン
ホテル不足問題が...

旅館として登録し直すラブホテル...

2016年03月05日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
ニッポン
ホテル不足問題が...

民泊で起こるトラブルと解決手段

2016年03月06日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ