笹本恒子さん

日本初女性報道写真家「アンタが撮るの!?」と言われた日々

2016年03月19日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉
2016年03月19日(土) 16時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉

20160329_nihonhatsu_5

 101歳の今もなお、写真を愛し、精力的に活動を続けている笹本恒子さん。どのようにして、日本初の女性報道写真家の道を歩み始めたのか?

「わたくしが生まれ育った時代は、女性に選挙権がなく、公的書類に判子も押せなかったんですよ。もちろん女の子はいいお嫁さんを目指すのが当然。わたくしは“絵描きになりたい”とずっと思っていましたが、父は“女の絵描きなんて嫁のもらい手がなくなる”大反対」

 美術学校への進学を断念。高等専門学校の家政科に進むも中退し、昼間は絵の勉強、夜は洋裁学校に通ったという。

 その後、かつてわが家の離れに下宿をしていた東京日日新聞(現・毎日新聞)の社会部長が、スケッチを気に入り、アルバイトでカットを描き始める。

「とても楽しかったんですが、ある日、紙面に掲載されたとてもお上手な方のカットに、自分の限界を否応なく知らされて……。そのお上手な方? 世界的巨匠になられた棟方志功さん。フフフ、驚かれました?」

 ちょうどそのころ、社会部の記者に「世界中に日本の情報を写真で送る会社をつくるから、来ないか」と誘われたという。

「カメラは素人でしたが、絵をやっていたので構図の取り方を褒められました。撮り方の基本は周囲の先輩たちが、親切に教えてくれましたね」

 困ったのは、いざカメラを手に現場に行くと、「アンタが撮るの!?」と言われること。

「特にお役人さんに多かったですね。男性の助手を連れていけば、必ず私が助手に間違えられました。でも一方で、“女性のカメラマンでよかった”と言ってくださる方がいたのは、励みになりました。女性作家さんに多かったですね。男性には見えない部分まで見えるのが、女性の強みだと思います」

 途中、20余年も写真から離れた時期もあったが、71歳で写真展を開いたのをきっかけに、再びカメラを持つように。

「'90年からは、明治の女性の強さと素晴らしさを撮りたくて、撮影依頼のお手紙を直接送り、98人を撮影しました。『きらめいて生きる 明治の女性たち』を出版し、写真展も開きました。型破りで情熱的なみなさんを、亡くなる前に撮ることができたのは本当に幸せでした」

 今、働く女性に言いたいこととは。

「男勝りになる必要はないということかしら。仕事は男性よりもできたとしても、何も男性のまねをしなくてもいい。わたくしも肩ひじを張った時代もありましたが、女性であることを忘れるのは、もったいないですものね」

関連記事

SMAP
ドラマ『アイムホ...

拓哉、上戸気遣い週刊誌の餌食

2015年06月22日(月) 16時00分
〈週刊女性7月7日号〉
女性
群馬県桐生市の観...

篠原涼子の斬新なポスター

2015年05月26日(火) 11時00分
〈週刊女性6月9日号〉
男性
元ワイドショーレ...

明暗分かれた聖子と百恵

2015年02月07日(土) 16時00分
〈週刊女性〉
SMAP
ジャニーズ番組研...

中居「週刊誌は怖くない」

2015年02月05日(木) 14時49分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
交際宣言が飛び出...

安達祐実、恋人と噂のカメラマン...

2014年09月23日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
女性
取材には満面の笑...

安達祐美、カメラマンとの再婚を...

2014年11月18日(火) 00時00分
〈週刊女性〉

オススメ記事

男性
高須クリニック・...

高須院長 中島裕翔熱愛「必然」

2016年05月27日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ