サッカー通として有名

小柳ルミ子、メッシ愛炸裂 会ったことはないが「いい人」

2016年02月24日(水) 16時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉
2016年02月24日(水) 16時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉

koyanagi0224

 大澄賢也との離婚から16年、俳優・石橋正高との婚約解消から9年。歌手・小柳ルミ子が今、熱視線を送る、愛しの男がいる。その名は「リオネル・メッシ」。スペインのサッカーチーム『バルセロナ』に所属するアルゼンチン人のサッカー選手だ。

「うまくて、速くて、プロフェッショナルで、そして頭がよくて、人間性も優れていて、謙虚で、純粋で……。私、彼が走っている姿を見ていると感動するんです」

 今月、愛するメッシが主役のサッカー映画の上映イベントにゲストとして参加した小柳は、舞台であふれんばかりの“メッシ愛”を披露。

「バルセロナの試合は、必ず録画したうえ生で見て、勝った試合はそこから5回も6回も見ます!! 本っ当に感動するんです。そして、いろいろ学ばせてもらっています」

 小柳がメッシを愛するのは、サッカーの技術力だけではなく、その人間性だという。

「もう、いい人なんですよぉ! 私はお会いしたことないですけど……。(日本に来た昨年)試合を見に行ったときは、もう目の前にメッシがいるのに! 握手もできない! やっぱりプレーから人柄って出るんですっ! テレビからでも人間性が!!」

 そう熱弁。愛しのメッシがひとたびケガをしてしまったときには、『愛するメッシ様!!!』というタイトルでブログを更新するほどだ。

「小柳さんのメッシ好き、サッカー好きはサッカー関係者には有名です。もともと'02年の日韓ワールドカップでベッカムをきっかけに好きになったそうですが、今では、“イケメン”などにこだわらないサッカー好き。自宅では、ヨーロッパのほぼすべてのリーグが見られるように衛星放送などの設備を整えているとか」(サッカー雑誌編集者)

 小柳はその観戦数が尋常ではない。

「自分で、1日ごとのテレビ観戦の“スケジュール表”を作り、その日、見ることのできる試合をすべてチェックしているそうです。実際に見た試合はマーカーで塗りつぶす。ほぼ毎日、ほとんどの試合が塗りつぶされているとか。スペインやイタリアなどの強豪国が中心ですが、イスラエルやウクライナなどの無名チームの試合も観戦しているんですよ」(サッカー関係者)

 テレビで発表したスケジュール表の観戦試合数は、実に1日16試合。今回のイベントも、出演前に徹夜で3試合を観戦。帰宅後さらに8試合と、仕事があったにもかかわらず11試合を観戦した。サッカーの1試合は約90分なので、16時間半テレビを見ていたことに。

 また、イベントでは、サッカーはただのスポーツではないとも話した。

「サッカーは、ただボールを蹴ってゴールするゲームじゃなく、人間社会だとか対人関係だとか社会の縮図が含まれているんです。だから非常に深い。私くらいの年齢の女性にもこんなに面白くて、いろいろなことを勉強させてくれるサッカーを、どうしてみんな見てくれないの!? って、いつも思っているんです」

関連記事

人物
人間ドキュメント...

故・松田直樹選手の姉の“願い”

2016年02月18日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉
カップル
様々な噂が飛び交...

中田ヒデ実の父親、息子が結婚に...

2014年11月18日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
スポーツ
サッカーボールは...

ハメス・ロドリゲス、コロンビア...

2014年07月08日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
カップル
本誌取材で交際報...

中田英寿の父、柴咲コウに「結婚...

2014年11月18日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
スポーツ
父親に直撃すると...

内田篤人の結婚相手突然退社

2015年06月03日(水) 06時00分
〈週刊女性6月16日号〉
スポーツ
新企画「Jのアイ...

宇佐美貴史選手に3つの質問

2015年07月11日(土) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ