傷害の疑いで逮捕

高岡奏輔 暴行相手は『クローズ』のスカジャンを着たファン

2016年01月20日(水) 16時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
2016年01月20日(水) 16時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉

20160202_takaoka

 1月7日、高岡奏輔が傷害の疑いで逮捕された。芸能人の暴行事件とはただごとではない。

「高岡さんは“武闘派”と言われています。宮崎あおいさんとの離婚では、不倫相手とされる岡田准一さんを呼び出して土下座させたとも伝えられました。映画『パッチギ!』や『クローズZERO』での役柄もあいまって乱暴者のイメージが定着してしまいましたね」(映画ライター)

 '11年には韓流ドラマが多すぎるとしてフジテレビを批判し、話題になったこともある。'12年5月には、鈴木亜美との交際が報じられたが昨年1月に破局し、久しぶりに名前が出たのがこの逮捕劇。東京・三軒茶屋の小さなラーメン店で事件は起きた。

「朝8時過ぎに、高岡さんを含む3人がラーメン店に入っていきました。だいぶ酔っているようでしたね。その後に1人の男性が入っていったんです」(目撃した男性)

 夜どおし飲んだ後の、シメのラーメンだったらしい。後で店に入った男性も、酒を飲んでいたようだ。どちらが先に仕掛けたのかは証言が分かれる。

 高岡の知人は「その男性は高岡さんを見つけるとケンカ腰で話しかけてきた」と話し、被害者男性の知人は「高岡さんのほうから絡んできたと聞いている」という。互いに収まらないままラーメン店を出て、近くのスーパーの駐輪場でケンカが始まった。

「高岡さんもその男性も、激しく罵声を浴びせていました。高岡さんの友人は制止していましたが、高岡さんが振り切って男性の顔面を何発か殴っていましたね。男性も抗戦しましたが及ばず、着ていたスカジャンは血だらけになりました」(目撃した女性)

 通行人が通報し、駆けつけた世田谷署員が高岡を現行犯逮捕。調べに対して「絡まれてカッとなって殴った」と容疑を認め、釈放されて在宅で捜査を受けることになった。

「被害者は居酒屋でバイトしている20代の男性。鼻の上あたりがボッコリ腫れてしまったそうです。右眉毛のあたりも4針縫うことに。現在は両者が弁護士を立てて示談交渉をしています」(高岡の知人)

 いったいなぜ、こんな事件になってしまったのか? そう訝る向きもある。

「血まみれになったスカジャンは、『クローズ』シリーズとアパレルブランドがコラボした商品なんです。彼は『クローズ』の大ファンで、出演している小栗旬さんや山田孝之さん、そして高岡奏輔さんも好きな俳優だと話していました」(被害者男性の知人)

 高岡はファンと知らずに『クローズ』ばりの暴力を振るってしまったことになる。

「事件を受け、2月11日に開催予定だったファンミーティングは中止に。高岡は地上波キー局の仕事は減ったものの、地道に映画、ドラマや舞台に出演していました。しかし、今回の事件で問題を起こしそうな俳優というイメージがついてしまいましたから、仕事は減少してしまうかもしれませんね」(ワイドショースタッフ)

 所属事務所は「厳正な対処をとらせていただきます。高岡は反省しておりますので」としている。

関連記事

カップル
不倫疑惑から約3...

宮崎の交際報道、元夫の反応は

2015年08月19日(水) 11時00分
〈週刊女性9月1日号〉
女性
『あさが来た』で...

宮崎あおい 朝ドラ出番延長か

2015年12月09日(水) 05時00分
〈週刊女性12月22日号〉
ドラマ裏話
プロデューサー語...

波瑠と宮崎あおいの共通点

2015年12月18日(金) 05時00分
〈週刊女性1月1日号〉
スポーツ
金属バット、金づ...

熊ケ谷親方逮捕、被害者父語る

2015年09月08日(火) 05時00分
〈週刊女性9月22日号〉
テレビ
ふんどし姿に照れ...

個性派路線の山田孝之、月9出演...

2014年10月21日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
山下智久
軍団のパーティー...

山P“赤西軍団”離れ決意

2015年08月18日(火) 16時00分
〈週刊女性9月1日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ