芸能人たちの神対応エピソード

係員たちと一緒に整氷作業も 感謝の心を忘れない羽生結弦

2016年01月06日(水) 16時00分
〈週刊女性1月19日号〉
2016年01月06日(水) 16時00分
〈週刊女性1月19日号〉

hanyu1124

 史上初となるグランプリファイナル3連覇。しかも330.43点という世界歴代最高点をたたき出しての圧倒的な優勝で、羽生結弦の演技はもはや“異次元”の領域に。

 そして競技に打ち込む真剣さは、終了後の行動にもあらわれている。羽生の驚くべき“神マナー”が話題になっているのだ。

「表彰式が終わると選手はすぐにリンクを後にして、ストレッチなどの身体のメンテナンスをするのが普通です。でも、羽生選手は係員たちと一緒に整氷作業をすることがあるんです。

 “スケートリンクにも感謝の気持ちがある”というのがその理由。観客や関係者がほとんど残っていない中で作業を手伝っているのだから、本当の気持ちでしょうね」(スポーツ紙記者)

 いつも感謝の心を忘れないのが羽生。昨年12月に羽田空港で直撃したときに“エゴサーチしているか?”との質問をすると「そこまで、僕はすごくは見ないですけど……でも、気にはしていますよ」と答えている。ファンの声をちゃんと聞いて、感謝するのが羽生スタイル。

 それが形となってあらわれたのが、弓弦羽神社に本人が奉納した絵馬だった。

「兵庫県神戸市にある神社で、その名前から、羽生ファンの“聖地”とされています。ソチ五輪の前には、たくさんの羽生ファンが彼にこの神社のお守りを贈ったり、活躍を願う絵馬を奉納したりしました」(ワイドショースタッフ)

 羽生もそれを知って、'15年7月に同神社に参拝。

「ご祈禱のあと、絵馬を奉納していただききました。ファンの方々の絵馬をご覧になり、“すごいですね、うれしいです”とおっしゃっていましたよ。ソチオリンピック以来、参拝者の方も10~20倍に増えています。 羽生選手が来たのは昨年の7月2日です。羽生選手は高校生のときにもいらっしゃったことがあるのですが、だいぶ大人になられたという印象です」(弓弦羽神社の宮司・澤田さん)

 奉納された絵馬に書かれていたのは、自らの勝利を願う言葉ではない。

『皆様の想いが私の背中を押してくれています。心からの感謝を。そして、皆様が皆様の幸せを感じられますように。羽生結弦』

関連記事

スポーツ
スポーツライター...

羽生 SP取得のため練習量増や...

2015年12月22日(火) 05時00分
〈週刊女性1月5・12日合併号〉
スポーツ
空港で直撃

羽生、エゴサーチ疑惑に回答

2015年12月22日(火) 11時00分
〈週刊女性1月5・12日合併号〉
スポーツ
氷上からのプレゼ...

羽生 ファンの声である技を導入

2015年12月08日(火) 11時00分
〈週刊女性12月22日号〉
スポーツ
素朴な疑問を調査

フィギュア選手の収入源とは?

2015年11月16日(月) 05時00分
〈週刊女性11月24日号〉
スポーツ
昨年圏外から大躍...

『抱かれたい男』五郎丸が躍進

2015年11月21日(土) 05時00分
〈週刊女性12月1日号〉
スポーツ
フィギアの素朴な...

羽生流血事故で医師帯同指示

2015年11月14日(土) 05時00分
〈週刊女性11月24日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ