両親が語る秘話

琴奨菊 父親に「優勝争いをしてドキドキを越して不気味」

2016年02月03日(水) 16時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉
2016年02月03日(水) 16時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉

kotoshogiku0203

 土俵でも私生活でもまさに“金星”を挙げた琴奨菊。そんな彼が生まれ育ったのが、福岡県柳川市だ。市内には、今も琴奨菊の生家がある。彼のエピソードを聞こうと実家を訪れると、両親が喜んで迎え入れてくれた。

 小学6年生になり、琴奨菊は相撲の名門である高知県の明徳義塾中学校に入学することを決める。地元に相撲ができる環境がなかったため、当初は熊本県にある中学校に、祖父母と引っ越して住む予定だったというが……。

「県の相撲連盟の方が“本気で相撲をしたいならいい学校がある”ということで、明徳を紹介してもらったんです。本人と学校を見に行ったんですけど、帰りには“ここに行くから”って、一弘が自分で決めたんです。

 でも、優しい子なんで、本心は家族に迷惑をかけんため、寮生活の明徳を選んだと思うんですよ。それを12歳の子どもが自分から、親元から離れて行くことを決めたんです。親としてはいろいろな思いがありました」(一典さん)

 厳しい寮生活でも弱音は1度も吐かなかったという琴奨菊。だが、美恵子さんは母としての当時の苦しい胸の内を明かしてくれた。

「うちは3人とも男の子でしょ。私には女の子がいなかったので、その役目をしてくれたのが一弘だと思っていたんですよね。でも、明徳へ行ってしまって……。中学生になった同級生が自転車で家の前を通るでしょ。

 それを見ては泣いていましたね。でも、明徳に行く前にお友達を集めた最後のお別れ会で挨拶したとき、“自分を応援してくれる人のために頑張る”って話したんです。あの子はその気持ちをずーっと持ち続けているんだと思います」

 そんな琴奨菊と同じ年のライバルが高知県出身の豊ノ島だ。国体では同じチームで出場するなど、小学生のころから鍛え合った親友なのだ。

「家族ぐるみで付き合っているんですよ。大樹(豊ノ島の本名)のお父さん、お母さんにもかわいがっていただいてね。優勝が騒がれだした13日目に、まさか当たるとは思わんかった。

 だから、大樹に“今回だけは一弘に負けてくれんかな”って正直思いましたよ。知っとるだけに、そういう思いが強いんですよ。でも、大樹は本当のスポーツマンだったですね。真のライバルはこういうものだって、教えてくれました」(一典さん)

 結果は、豊ノ島にとったりで敗れる。これが、場所で唯一の黒星になった。

「一弘は迷っていたんですよ。豊ノ島戦前の夜中12時50分にメールが来たんです。《幕内で優勝争いをして、ドキドキを越して不気味だ。でも、お父さんやるよ》って。こういうことは今までになかったんです。本人は寝られんかってんですよ。

 だから、《豊ノ島は変化しないから、思い切って当たっていけば勝てるから》って送ったんです。次の日の朝早くに、《分かった。頑張る》ってメールが来たんですよ。やはり、意識していたんです。豊ノ島には序二段か三段目のときに負けて優勝できなかったことがあるんですよ。そういう思いがよぎったんじゃないですかね」(一典さん)

関連記事

スポーツ
金属バット、金づ...

熊ケ谷親方逮捕、被害者父語る

2015年09月08日(火) 05時00分
〈週刊女性9月22日号〉
スポーツ
離婚、借金問題、...

逮捕の熊ケ谷親方、新たな火種

2015年09月10日(木) 11時00分
〈週刊女性9月22日号〉
スポーツ
相撲マメ知識

使われたことのない決まり手が

2015年07月17日(金) 16時00分
〈週刊女性7月28日号〉
スポーツ
相撲マメ知識

国技館地下に焼き鳥工場の理由

2015年07月17日(金) 11時00分
〈週刊女性7月28日号〉
スポーツ
相撲マメ知識

相撲業界、移籍不可能

2015年07月16日(木) 16時00分
〈週刊女性7月28日号〉
スポーツ
相撲マメ知識

外国人力士、2位は意外な国?

2015年07月17日(金) 05時00分
〈週刊女性7月28日号〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ