じゅんいちダビットソンに聞いた

水球選手にノックアウト必至「イケメンそろっていますよ」

2016年03月06日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
2016年03月06日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉

20160315_poseidon_4

 水球は「ウォーターポロ」とも呼ばれ、プールの中で行われるハンドボールに似た競技。水中で繰り広げられる激しいぶつかり合いから“水中の格闘技”という異名をとる。ヨーロッパにはプロリーグが存在し、サッカーやバレーボールなどと並ぶ人気のスポーツ。

 本年開催されるリオ五輪に、1984年のロス五輪以来、実に32年ぶりに日本代表水球チーム「ポセイドンジャパン」が出場決定。今年もっとも目が離せない競技のひとつだ。

 1984年のロサンゼルス大会以来、悲願の32年ぶりの五輪出場を決めた水球日本代表男子。というわけで、サッカーではなく、実は元水球部……雪の中でウエットスーツを着込んで練習していたこともあるじゅんいちダビッドソンに、水球の魅力を聞いてみた。

 水泳選手とは一線を画す、胸板の分厚いがっちりとした選手たちはレスラーと間違えられることも多いとか。当たり負けしない・水に沈まないようにと筋肉の上に脂肪がバランスよく乗った、これぞ日本男児な体形に全女子ノックアウト必至。

「もちろん、イケメンがそろっていますよ~奥さん!」(じゅんいち)

 水球といえば、水面に浮上する選手の迫力も見どころのひとつ。

「ちょっと物理的に無理そうなところまで浮きます。すごい選手だと太ももが見えるくらいまで」

 浮いている選手の足の間から向こうの景色が見えることもあるのだとか。

 水中でも水上でも常に攻防が繰り広げられ“水中の格闘技”と呼ばれるほどの激しいポジション争いや、コンタクトプレーは圧巻。特にフローターと、それを守るバックの周囲は激しい戦いが繰り広げられる花形ポジション。まずは、ここに注目。

 テレビで見るのもいいけれど、生で見るのが一番。ボールや身体がぶつかる音・水の跳ねる音まで大迫力の近くで見るか、少し離れてボールゲームとして全体を見るかで楽しみ方が全く変わるのも水球ならでは。ルールも「ボールをゴールに入れる」が基本なので、意外ととっつきやすい。

 水泳選手は技術の進化でどんどん水着の面積が増えていくけれど、水球選手はビキニパンツのまま。通称「Vパン」と呼ばれるその水着は、諸説あるものの「つかまれる面積が限りなく小さい」由緒正しき戦闘着。

 待機中のガウン姿も印象的だが、これは交代の多い水球において脱ぎ着が最もしやすいため。

関連記事

スポーツ
守田俊介はSG優...

ボートレーサーの支援活動

2015年11月13日(金) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉
スポーツ
知られざるエピソ...

羽生、ケータイ持ってなかった

2014年02月25日(火) 00時00分
〈週刊女性3月11日号〉
スポーツ
“エアケイ”誕生...

錦織圭の意外なルーツ

2014年09月16日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
スポーツ
地元への恩返しを...

デイサービスへ慰問 高橋大輔の...

2014年10月21日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
スポーツ
年収がケタ違いで...

山本やっかむダル元カノたち

2015年03月07日(土) 06時00分
〈週刊女性3月17日号〉
スポーツ
新企画「Jのアイ...

宇佐美貴史選手に3つの質問

2015年07月11日(土) 16時00分
〈週刊女性PRIME〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ