イベントでニアミス

再出発した清原和博の元妻・亜希、5月の裁判に戦々恐々か

2016年03月22日(火) 16時00分
〈週刊女性2016年4月5日号〉
2016年03月22日(火) 16時00分
〈週刊女性2016年4月5日号〉

aki0322-1

 17日、逮捕から44日ぶりに警視庁本部から保釈された清原和博容疑者。同じころ、元夫が逮捕されてから初めて、公の場に姿を現したのが、清原の元妻である亜希だ。

「亜希さんが立ち上げたブランドのイベントが丸ビルで行われたのです。しかも、ここは警視庁本部がある桜田門とはわずか1キロほどの距離。文字どおり目と鼻の先だったんです」(スポーツ紙記者)

 イベント会場はオープンスペースのため、抽選で当選した50席のほか、立ち見のギャラリーが200人ほど。

 一方で会場内には「撮影禁止」のプラカードを持ったスタッフが2階、3階をも見回り、司会者も携帯電話をしまうよう再三呼びかける。かなりピリピリしたムードが会場を支配していた。

 自分のファッションブランドを立ち上げた経緯などを楽しそうに話していた亜希。だが、元夫の薬物逮捕に対しては、いっさい、口を開くことはなかった。

「『AK+1』というブランド名は、亜希(AKI)から取ったと話していましたね。3月7日には、芸名から“清原”という名字をはずしただけにイベント中には1度も、清原という名前は出ませんでした。

 でも、会場前を通りかかったOLさんが“誰のイベントですか?”とスタッフに尋ね、“亜希さんです”と答えても、“誰それ?”って言って、離れていってしまいました。

 イメージ回復のため“清原”をはずしましたが、できることなら知名度の高い名前ははずしたくなかったというのが本音でしょう。だから、ここまで“清原”を名乗り続けたんですよ」(ファッション誌編集者)

 それにしても、イベントと同じ日、同時刻に元夫が保釈されるとは、皮肉としか言いようがない。

「亜希さんにとって、5月から始まる清原被告の裁判に、戦々恐々としているはずです。というのも、彼が薬物を使用し始めた時期が、現役時代からという話が出ているからです。

 '00年に結婚してから'14年に離婚するまでの間、薬物を使用していた時期が、かなりかぶるかもしれない。となると、夫のケガの看病や食事摂生など“良妻賢母”を売りにしていた彼女が“なぜ、薬物使用に気づかなかったのか?”という声があがるかもしれないからです」(アパレル関係者)

関連記事

女性
学校側の答えは…...

清原亜希、離婚した裏事情

2016年03月01日(火) 05時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
女性
実兄に直撃

清原亜希、NY留学を決意

2016年03月01日(火) 16時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
スポーツ
大手芸能プロが売...

清原をテレビが使い続けたワケ

2016年02月10日(水) 16時30分
〈週刊女性PRIME〉
スポーツ
一昨年に離婚

清原亜希 子どものため我慢

2016年02月09日(火) 11時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
スポーツ
負の財産に

元妻が清原姓名乗り続けたワケ

2016年02月09日(火) 16時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
スポーツ
CMにも復帰

清原の元嫁、「元夫はNG!」

2015年08月14日(金) 05時00分
〈週刊女性8月18・25日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ