年末年始・特別アンケート企画

二宮和也が出演する好きなドラマ1位は『流星の絆』

2016年01月01日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
2016年01月01日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

『週刊女性PRIME』の年末年始特別企画で、嵐のメンバーがこれまでに出演したドラマの中で、一番好きなドラマと嫌いな(あえて1つ選ぶなら)ドラマをアンケート調査! 5人合わせて2075票が集まった。

 第4回は二宮和也が出演する好きなドラマ・嫌いなドラマについて。

arashi_drama_ninomiya

■好きなドラマ1位は『流星の絆』

 好きなドラマ1位は、有効票357票のうち148票(約41.5%)を獲得した『流星の絆』(2008年10〜12月、TBS系)。原作は東野圭吾。脚本は宮藤官九郎。共演は錦戸亮(関ジャニ∞)、戸田恵梨香ほか。平均視聴率16.59%、最高視聴率22.6%を記録し、同期の人気No.1ドラマとなった。

 好きな理由を一言でまとめると、「脚本、キャスト、演出すべてよし」。作品自体への評価が高く、とくに多くの人が指摘していたのが、「復讐なのにコミカル」「シリアスとコメディのバランスが絶妙」という意見で、これは「宮藤官九郎さんのドラマらしく、笑えるところもあるところ」「とにかく面白い!!!!クドカンはやっぱすごいなって思った」というように脚本の勝利だろう。

 また「3人の兄妹っぷり」をあげる人も多く、「兄弟思いの兄役が良かった」「優しくて面白い兄妹想いの所にキュンキュン」「何と言っても、三兄弟が良い! 2人の弟と妹を守るしっかり者のお兄ちゃん、でも心のどこかに闇があるような役がぴったりだと思う!」などと、二宮が演じた長男役が“ツボだった”という人も多かった。

 俳優として評価の高い二宮の演技力について、「ニノ演技の集大成」「ニノの演技力が一番分かる作品だから」「哀しそうな表情が似合う役者としてのニノを認識した」「二宮君にぴったりのドラマだった。普通の人の心の小さな動きをうまく表現していた」など、この作品を代表作として捉えているファンが多いようだ。

 また、好きなシーンとして、「最終回の三浦友和さんを問い詰める演技は何度見ても泣かされます」「あの場面はとてもぞくぞくしました」など、ラストシーンをあげている人が多かった。

 好きなドラマ2位(56票)の『山田太郎ものがたり』(2007年7〜9月、TBS系)は、二宮と櫻井翔が連続ドラマでレギュラー共演する初めての作品だった。昨日配信の「櫻井翔が出演する好きなドラマ」でも3位に選ばれている。

「何度見ても“ほっこり”させられる」「見ると元気になるから」「肩の凝らない話だったから」と“癒し”を強調する人を筆頭に、「にのがとても可愛くて好きだから」「貧乏に負い目を感じず純粋に生きる王子様の姿がかっこいい!」と“かわいさ”“純粋さ”に好感を持った人が多かった。

 また、「兄弟を思いやる気持ちが泣けて感動したから」「二宮くんの優しいお兄ちゃんの顔が見れて、人柄の良さが伝わってきます!」などと『流星の絆』と同様、ニノ=優しいお兄ちゃんというイメージを抱く人や、「飄々としたスーパー高校生だが、超倹約家の役がはまり役だった。リアル倹約家のニノだから、こなせたと思う」という素顔の二宮とダブらせる意見もあった。

 好きなドラマ3位(49票)は、『フリーター、家を買う。』(2010年10〜12月、フジテレビ系)。原作は有川浩。共演は香里奈ほか。二宮にとってテレビドラマの主演は『流星の絆』以来2年ぶり。平均視聴率は17.14%、最高視聴率19.2%は2010年の年間を通じてトップクラスの数字だった。主な好きな理由は以下のとおり。

「ニノは家族愛を描いたドラマが似合う。役柄も本人の人柄もとても優しい」
「お母さんを思う姿が、とてもあたたかい。自分の息子もああいうふうになってほしい」
「家族の温かさや、働くことの大切さ、大変さが伝わったから」
「温かくて、いろいろなことを考えさせられるような深い作品で、ジャニーズドラマの中では群を抜いてる」
「ヒーローではない、普通の青年を普通に見えるように演じ切っていたから」
「普通の青年、という一番難しいであろう芝居は二宮さんだからこそできるのかなと思います」
「自分自身も人生に迷いながらも、母親を支えようとする青年を演じている姿がとても印象的だったから。このドラマを見て、なぜ二宮さんの演技が評価されるのかが分かりました」

■嫌いなドラマは『弱くても勝てます』

 嫌いなドラマの(「なし」を除く)実質1位は、71票の『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』(2014年4〜6月、日本テレビ系)。2位が『24時間テレビ「車イスで僕は空を飛ぶ」』(2012年8月、日本テレビ系)の19票なのでダントツでトップだった。

 その理由はハッキリしている。好きなドラマ1位の『流星の絆』と対称的に、作品自体がつまらないという声がほとんどだったのだ。

「内容が納得出来なかった」
「全体的にグダグダだった」
「朝ドラ役者をとりあえず集めた駄作」
「脚本がただただ酷い。役者がどれだけ頑張っても不可能なことはある」
「脚本悪すぎ。久しぶりのドラマだったのに本当に残念」
「ストーリーがイマイチでニノの魅力が半減してた」
「ニノの演技というより、緩急のないダラダラしたストーリーに飽きた」
「あれだけ若手有望株を使ってもりあげられない、脚本家、演出家とも許せないレベル」
「本当につまらないドラマだった」

※明日は松本潤が出演する好きなドラマ・嫌いなドラマです。

関連記事

男性
松崎悠希さんイン...

ニノ、ハリウッドでも人気者

2015年08月03日(月) 11時00分
〈週刊女性8月11日号〉
実はクリエイター...

二宮和也「小説書きたい」

2015年07月28日(火) 00時00分
〈週刊女性8月11日号〉
元側近が語る意外...

二宮和也、東京駅で弾き語り

2015年04月29日(水) 06時00分
〈週刊女性5月12・19日号〉
打ち上げで見せた...

ニノ、打ち上げで高額賞金提供

2014年07月01日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
ヤラカシ対策も大...

嵐の楽屋での暗黙のルール

2014年04月22日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
デビューできても...

二宮和也、デビュー当時の月収

2014年11月04日(火) 00時00分
〈週刊女性〉

オススメ記事

文化人
バレーボール・タ...

フィフィ語るスポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
不正疑惑で会見も...

フィフィ、東京都政に物申す

2016年05月14日(土) 17時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
大切なのはリテラ...

フィフィ エロバナーに激おこ

2016年05月07日(土) 18時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ