結婚式間近

テレビ局勤務の櫻井翔の妹が婚約で休職、父親に真相を直撃

2016年03月15日(火) 05時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉
2016年03月15日(火) 05時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉

s-sakurai

 歌手や俳優をマルチにこなす国民的アイドルだけでなく、ニュースキャスターとしての顔も、お茶の間には浸透している嵐の櫻井翔。彼の一家はジャニーズきってのエリート一家としても有名だ。

「櫻井クンと弟さんは、幼稚舎から大学までエスカレーター式で慶応出身。現在、大学3年生の弟さんは、慶応ラグビー部でも活躍していたスポーツマンです。顔も翔クンにそっくりのイケメン。

 妹さんも日本テレビのやり手ディレクターとして活躍中だとか。そして何といっても父の俊さんは、昨年7月に“官僚のトップ”である総務省の事務次官に就任した超エリートなんですよ」(テレビ局関係者)

 まさに“華麗なる一家”ということ。そんな櫻井の妹のおめでたいニュースが飛び込んできた。一部夕刊紙でも報じられていたが、週刊女性の取材によると、このたび婚約したのだという。

「お相手は大学時代の同級生。結婚式も近く、現在は仕事も休職しているとのことです」(ワイドショースタッフ)

 櫻井の妹は、都内にある私立大学を卒業後、'09年に日本テレビに入社。

「司法記者クラブで国税担当として活躍後、昨年6月から夕方のニュース番組『news every.』に異動になりました。新人時代に経験した部署ということもあり、テキパキと仕事をこなしていて、評判も上々です。

 どこの部署でも“櫻井翔の妹”と言われてしまうのが悔しくて、ひとつひとつの番組を研究するノートを作るなど努力家なんですよ」(日本テレビ関係者)

 そんな彼女は櫻井からも大事にされているようだ。

「妹といえど、翔クンと同じ屋根の下に住んでいたことから、女性ファンからのやっかみを受けるので、なるべく翔クンは妹さんの話はしないんだそうですよ」(アイドル誌ライター)

 妹を守る兄の姿がかいま見える素敵なエピソードだ。

「弟がラガーマンだからなのか知識があるようで、最近はラグビーの取材も多かったみたいですね。しかし、11月初旬のパラリンピックの予選取材を最後に出社していません」(前出・日本テレビ関係者)

 社内でもまじめと評判の彼女なだけに、何か特別な理由がなければ、4か月以上も休職するはずがない。結婚準備のためなのだろうか。

 詳しい話を聞くため、都内の閑静な高級住宅街にある櫻井の実家前で、霞が関に出勤する父を直撃した。

――〇〇(妹の名前)さんのご結婚についてお話をお聞きしたいのですが?

「…………」

 こちらを一瞥したあと、すぐに歩くペースを速めて駅の方向へ。その後、婚約相手についての質問も投げかけたが、いっさい答えない。

 愛する娘のお祝い話をしたい気持ちは山々だろうが、官僚のトップという立場もあるのか話せないご様子。そこで、質問を翔へシフト。

――もし、翔さんが結婚されるとしたら、どんな方がいいですか?

「…………」

 一瞬、反応したようにも見えたが、話はしてくれなかった。そこで日本テレビの広報部にも問い合わせをしてみた。

「当社では、社員に関する個別の質問には、お答えしておりません」

関連記事

手紙の原本を公開

アイドル否定寸前だった櫻井翔

2016年03月04日(金) 18時00分
〈週刊女性PRIME〉
エピソード集『嵐...

放送遅刻寸前の嵐を救った櫻井

2016年02月22日(月) 18時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉
V6&嵐エピソー...

櫻井翔 岡田准一に叱られ感謝

2015年11月12日(木) 05時00分
〈週刊女性11月24日号〉
どことなく&qu...

櫻井翔のパパの年収は?

2015年07月28日(火) 16時00分
〈週刊女性8月11日号〉
元「嵐」側近スタ...

櫻井翔の父、芸能活動干渉せず

2015年06月06日(土) 11時00分
〈週刊女性6月16日号〉
元ジャニ
浅倉一男が語るJ...

Jr.時代の櫻井翔、睡眠3時間

2015年05月12日(火) 06時05分
〈週刊女性5月26日号〉

オススメ記事

文化人
バレーボール・タ...

フィフィ語るスポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
不正疑惑で会見も...

フィフィ、東京都政に物申す

2016年05月14日(土) 17時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
大切なのはリテラ...

フィフィ エロバナーに激おこ

2016年05月07日(土) 18時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ