ブレイク前夜秘話

ジャニー氏、SMAPを「ヤング・ドリフターズにする」

2016年02月05日(金) 05時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉
2016年02月05日(金) 05時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉

s-20160202_SMAP_2

 《分裂》《解散》《クーデター》……。連日メディアに躍った文字。ご存じ、国民的アイドルグループ・SMAPによる一連の騒動だ。

 彼らは最初からスターだったわけではない。下積みから這い上がってきた。今でこそ日本の芸能界を代表するアイドルだが、そもそも彼らはどんな人物だったのか。そこで、デビュー前後から彼らを直接見てきた関係者たちに取材した。

 鳴かず飛ばずだったSMAPがトップアイドルに躍り出たのは、やはりIマネジャーの力が大きい。アイドルの王道だった光GENJIとは一線を画し、ドラマや歌番組だけではなく、バラエティー番組やお笑いのコントにまで活躍の場を広げたのは彼女の手腕だ。

 デビューから3年がたち、シングルが初のオリコン1位を獲得したころ、Iマネジャーは仕事相手に向かって、SMAPというグループについて、こんな説明をしていた。

「ジャニー(喜多川社長)が私に言ったことで、すごく覚えているのは“この子たちをヤング・ドリフターズにする”ということ。クレイジーキャッツにしろ、ドリフターズにしろ、ひとりひとりがバラバラでドラマやバラエティーをやっていて、それでも集まるとバンドをやって、それでいてカッコよく、面白いことをやっているみたいな」

 各方面に頭を下げ、仕事を取ってきたIマネジャー。彼女の尽力があり、メンバーそれぞれが多方面の仕事をしていく中、いちばん最初に人気が出たのが稲垣吾郎だった。人気のきっかけは、1989年に放送されたNHKの朝ドラ『青春家族』。

「ジャニー社長も最初に目をかけたのが吾郎ちゃんでした。その後、木村クンがブレイクしたので、吾郎ちゃんの人気は落ち着きましたが。ただ本人は今も昔も変わっていない。淡々としていてマイペースで、ナルシスト。髪型をすごく気にして、楽屋でも鏡の前でずっと前髪をイジっているような子でした」(ヘアメーク)

 当時、稲垣をよく取材していた記者が言う。

「私は吾郎ちゃんが好きでしたね。カッコいいだけじゃなくて教養もあって。囲み取材のとき、私が“キェシロフスキみたいですね”と言ったら周りは誰もわからなかったけど、吾郎ちゃんは“ああ、俺も好き”って。ポーランドの映画監督なんですけど、映画にもすごく詳しかった」

関連記事

SMAP
SMAPの素顔

木村拓哉 記者に詰め寄った過去

2016年02月04日(木) 05時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉
その他
今井舞のドラマ批...

識者、SMAP独立でドラマに期...

2016年02月04日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉
その他
参加者が語る

ジャニーズ徹底した情報管理

2016年02月03日(水) 18時00分
〈週刊女性PRIME〉
SMAP
生謝罪が話題のS...

ジャニーズ事務所に美魔女登場

2016年02月03日(水) 05時00分
〈週刊女性2016年2月16日号〉
SMAP
SMAP解散の真...

メリー氏「木村は渡さない」

2016年01月18日(月) 17時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
KAT-TUN
嵐・TOKIO・...

ジャニ初詣に異変!?

2016年01月06日(水) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

オススメ記事

お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉
文化人
直撃インタビュー

フィフィ、ファンキー謝罪を斬る

2016年06月10日(金) 11時00分
〈週刊女性PRIME〉
女性
高須クリニック・...

高須院長、矢口は「悪くない」

2016年06月10日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ