理想的なテレビ視聴法は

眼精疲労、イライラに陥る『VDT症候群』の回復法は

2016年01月11日(月) 05時00分
〈週刊女性1月19日号〉
2016年01月11日(月) 05時00分
〈週刊女性1月19日号〉

tsukareme01112

 特にこの年末年始、外出は初詣ぐらいで、紅白歌合戦や2~3時間のテレビ特番を見まくった寝正月派は少なくないはず。DVDで映画を見たり、スマホで年始の挨拶を交わしたり、ゲームに没頭した人もいるのではないだろうか。

 VDT(ビジュアル・ディスプレー・ターミナルズ)作業とはPCモニターを見ながらキーボードで作業をすることを指すが、テレビを見たり、スマホをいじることも含まれる。

「産業医の立場から言うと、最近はVDT作業の多い大人の視力が低下し、子どもの視力低下もより低年齢化しています」(大手町アビエスクリニックの早田台史院長)

 早田院長は以下のように続ける。

「目の疲れ、頭痛、肩こり、吐き気などの眼精疲労の症状はもとより、不眠やイライラ、腱鞘炎などを引き起こすことがあります。これらを『VDT症候群』と呼びます」

 もし、あなたがすでにVDT症候群に陥っているとしたら、今後、どのようにリカバーすればいいのか。まずは、理想的なテレビやスマホなどの視聴・操作方法だ。

「視力低下の原因やメカニズムについては、実ははっきり確定しているものはないのです。遺伝説や環境説、それが合わさったものなどさまざま。例えばテレビの見方についても、離れて見たほうがいいという説がある一方、離れると眼球があまり動かないので、むしろ近づいて見たほうがいいという説もあるんです」

 なるほど、難しい。とはいえ、院長は持論を披露した。

「基本的には大きな画面をやや離れて見るのがいいと思います。画面は大きいほど目の動きを促します。眼球で焦点を合わせる筋肉『毛様体』を凝固させない、緊張させないことが近視になりにくくさせますからね」

 ではテレビを見るときの距離の目安とは? テレビの高さのおよそ3倍離れて視聴するのがいいそうだ。

「しかし、近視の人が目を細めて文字などを見るようだとかえって悪影響。見える程度の距離をとったほうがいい」

関連記事

美容・健康
『安心』編集長が...

貼るだけで解消“1円玉健康法”

2016年01月05日(火) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉
美容・健康
『健康』編集長が...

自律神経を整える爪もみ健康法

2016年01月05日(火) 16時00分
〈週刊女性1月19日号〉
美容・健康
その道のプロに聞...

女医が薦める健康生活のコツ

2015年06月18日(木) 16時00分
〈週刊女性6月30日号〉
ブーム
1日3分、5つの...

大人気!チベット体操の原点

2015年06月01日(月) 11時00分
〈週刊女性6月9日号〉
美容・健康
20万人の腰痛を...

背骨のずれを整える効果

2015年05月03日(日) 11時00分
〈週刊女性5月5日号〉
美容・健康
”美と健康の救世...

水素パワー注目の理由

2015年02月02日(月) 11時00分
〈週刊女性〉

オススメ記事

男性
高須クリニック・...

高須院長 中島裕翔熱愛「必然」

2016年05月27日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ