専門医が解説

急増する“スマホ体調不良”3~4ヵ月でうつ状態の恐れも

2016年01月14日(木) 11時00分
〈週刊女性1月26日号〉
2016年01月14日(木) 11時00分
〈週刊女性1月26日号〉

sumaho01141

 スマホの使いすぎは万病のもと。便利に使いこなしているつもりのスマホに、現代人の多くは逆に使われている、知らぬ間にスマホに支配されているのではないか。医療関係者がそのように警鐘を鳴らす、スマホ発の体調不良が、ジワリジワリと利用者をむしばんでいるという。

「2014年の総務省のデータによると、スマホからのインターネット利用は、1日平均73分です。他の作業も入れると、多くの人が数時間は使っているかもしれません」

 川井筋系帯療法治療センターの川井太郎院長がデータをひも解くが、電車でもトイレでもスマホ、歩きスマホは当たり前で、食事中や入浴中もスマホを手放せないという“重症患者”もいる現代。ガラケー時代には問題にならなかった症状も発生している。

 さかいクリニックグループの酒井慎太郎代表院長は、こう警告する。

「スマホなどの長時間使用により、うつむき姿勢が続くと、本来あるはずの頸椎のカーブが消失し“ストレートネック”になり、首に過度な負担がかかります。症状が悪化すると、たった3~4か月でうつになる人もいます」

 放置した体調は、ストレートネック→肩や首のこり→筋肉が疲れ緊張性頭痛→めまい、耳鳴り、かすみ目→手のしびれ、握力の低下、首の痛み→足のしびれ、尿意・便意のコントロールが困難に→うつ症状へ……と悪化の一途をたどるという。

 川井院長は、「下を向き続けると、あごの位置が前方にズレてくる。二重あごになったり、ホウレイ線が出てきたりと、老け顔の原因になります」と、スマホの使いすぎによる老化を心配する。

 さらに酒井院長が危険性を指摘するのは『スマホひじ』という症状。

「手の甲を上向きにしてスマホ操作を続けると、手の腱がほうきみたいに集まっているひじが収縮を起こしてしまい、見た目には腫れていないのに痛みが出てきます」

関連記事

美容・健康
理想的なスマホ使...

VDT作業で大人の視力が低下

2016年01月11日(月) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉
美容・健康
理想的なテレビ視...

『VDT症候群』の回復法は

2016年01月11日(月) 05時00分
〈週刊女性1月19日号〉
美容・健康
『ゆほびか』編集...

スマホの情報断捨離で免疫力アッ...

2016年01月07日(木) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉
美容・健康
『安心』編集長が...

貼るだけで解消“1円玉健康法”

2016年01月05日(火) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉
ニッポン
ネット社会どう思...

30代女性 ネット授業求める

2015年10月29日(木) 05時00分
〈週刊女性11月10日号〉
SNS
親や友達に相談す...

”ネットいじめ”の実態に迫る

2015年09月24日(木) 05時00分
〈週刊女性10月6日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ